■過去ログ

2024年

7月〜(今ここ)

4月〜6月


最後の更新にジャンプ


7/2

7月にも入りましたのでこれまでの記事を過去ログの方に移しました。
例によって過去の内容を確認したい方はページ上にある過去ログの方からご参照ください〜〜。

「偉大なるジェスター様の発展の軌跡を見返す事は義務教育。」

要所要所で琶月個人の観察日記も含まれていませんか?黒歴史も多い軌跡だと思いますが。

「お、なんだ?救助希望者か?」

ひえ、違いますぅー。
話しを戻して・・・


前回のあらすじ。
武器を生産すべく都市の再開発に着手することに。
農園や牧場などそのままだとパフォーマンスが劣化していくためきちんと周辺施設とのシナジーを考えて建設する必要がありそうだ。



ところで軍国主義者に続いて宗教団体から税関を建てろという要求が来ています。軍国主義者が武器要求するのは分かるけど宗教団体が税関要求してくるの良く分からない。アルコールとか嫌うからラム酒の輸入やめろとかそういう奴??
あとこのシスター、ジェスターが慈愛だけでは動かないという事をきちんと理解している当たりかなりのツワモノである。


「ま、軍国主義と相反するこの団体と共存することはあり得ないんだけどね。」

ぐう鬼畜。
ところで全然関係ないんですが宗教団体の要求の画面左上に救助()が終わった事を示すログが出来ましたよ。人手が増えたよやったね。



というわけでがっつり都市を再開発。
明確に生活圏と工場エリアで分けました。

「職場と遠すぎると市民はバラックを選択するんじゃなかったっけ。」

実際そうなんですが世界大戦時代に入った事で公共交通機関が建設できるようになったので恐らく大丈夫なはず。



バス車庫を建設しておりバス停を設置することで徒歩と比較してかなり長距離までいけるようになったはずです。
相変わらず建物の説明文がまともに解説する気がなさすぎる。GTAの世界か???



このバス停は生活圏エリアから産業エリアへ続くといった感じです。



ちゃんとバスに乗って通勤にいく市民達。
まだ人口がそこまで多くないのもあってそんなに乗客多くないのがあれですが・・・・。

「ねぇねぇバスで運賃取れるの〜〜?」

取れますけど今は圧倒的赤字ですね。

「廃業にしろ!!」

これは必要経費!!あるいは先行投資!!!



他には食料雑貨店も街中に設置しています。建物の説明文は見なかったこととする。
この建物に魚やココナツ、コーヒーなど嗜好品含めて消費財が集まり市民に提供されていきます。
ここではきちんと買い物しているらしく住民はお金を支払って食べ物を購入しています。ここに関しては既に黒字経営になっていますね。
市民がいちいち遠くに買い出しに行かなくて済むようになるので時間効率もUPです。

「へぇ、こんな島でもちゃんと文明生活っぽくなってきてるんだ。」

国の大統領とはとても思えないセリフ。
後はスクショは割愛しますが警察署とか立ててあります。



市民の幸福度を参照してみると存在しない信仰と予算が限界までケチられた住居はともかく、治安が低くて犯罪者がチラホラと渡り歩いているっぽいようです。
犯罪者は生産した資材や貿易品を盗んでいくためダイレクトに資金に影響を与えます。

「ぬあーーー!!56せ!!」

ジェスターに財政的ダメージを与えると死罪となる。

とりあえずここから上記生活圏エリアを徐々に広げていく形となりますが、まだ全ての住居を向こうに移設出来た訳ではないです。
前述の通り職場と自宅が遠すぎると利用してくれないのであまりに遠い場所でバス車庫の建設も出来ていない所については一旦据え置きとしています。琶月は置いていかれている。

「シドイ」

よーし、それじゃ残業エリアの開発を始m・・・・



うおおおお、家事だーーーー!!

「ぎゃーー!私の家の近くで火事ーー!!119番通報!!」




そういえばまだこの島消防署建ってなかった、てへぺろ。

「燃えてるのはバラックでしょ?建て直せばいいし次気をつければいいよ。」

これで宮殿が燃えてたら大激怒してたんだろうなぁ。では、尊い犠牲だったということで消防署の建設指示だけ出して今日は終わりにします。お疲れ様でした。

「もうやだこの島。」


7/6

前回のあらすじ。都市再開発を進め生活圏エリアと産業エリアでがっつり切り分けていった。
後火事が起きてから消防署がない事に気づいて建てた。火事は次から消化します(無能

「あのさ、一つ聞いておきたいんだけどこの国を運営していくうえで何が目的だったか覚えてる?」

忘れました。

「私の私財を蓄える事!!!ちゃんと蓄えてる??」

ほら!国庫には1万ドルありますよ!お金持ち〜。

「これは国の運転資金でここから堂々とちょろまかすと私も流石に危ない。これは私の私財とは認めない。」

ちゃんと国のお金と私財の区別がついていたなんて・・・・そこまで考えられる知能があるなんて知らなかった(ナチュラル毒舌

「寛大な心で今のは聞かなかったことにして・・・」

「今日からちゃんと紹介しておこう。ブローカー君だよ。」



なんだこの怪しい奴。
蜂起される前提の話で進んでいるんだが??


「合法的に私の隠し口座にお金を振り込んでくれる優しい人だよ。」

優しい()
ここがここまで真っ黒な世界だとは思わなかったよ!!


色々調べてみた所、画面左上に映っている国庫とは別にジェスターの隠し口座としてスイス銀行口座、スイスドルという概念があるみたいです。
これは貿易での輸出や各種施設から得られる売り上げからでは決して直接入金されることはなく一手間二手間加えて資金をロンダリングすることで初めて隠し口座へお金を移し替える事が出来るみたいです。



まだ解除されていませんが一部の布告を有効化することで隠し口座にお金を送金することが出来るようになるみたいです。
具体的には建築許可制は建設費が20%増加する代わりに元の建設費の2%が隠し口座に送金されるようです。完全な汚職で草。

「君の最終目的は私の口座に200万スイスドルを送金することだ!!!」

「それだけの金があればやり直せる。」

何を????



ちなみにスイスドルを支払う事でブローカーから新しい知識を教えて貰ったり設計図を買ったり何なら各種派閥や超大国からの要求を言いくるめて強制的に達成したことにするなど凄い便利な機能も。
しんどそうと思ったらこの言いくるめるをこっそり購入して政治を有利な方向へ誘導していきましょう。
色々便利な機能もあるので建築許可制とか研究して有効化していきたい所ではあるが、普通に国庫を圧迫し国内政治の不安定化も招くため今やる時ではないでしょう。
もっと国がデカくなって経済基盤がしっかりしてからちょろまかしましょう。

「しっかり監視しているからな。」

市民もジェスターをしっかり監視すべき。




余談ですが前回建設指示だけ出しておいた消防署は無事完成しました。
説明文の「彼らは発生の少し前に、火災の知らせを受ける事もある」っていう放火のあるあるに言及してて草。



さっそく琶月で働いていた伐採キャンプで火事が!!

「大変だ!琶月大丈夫!?」

「とても心配してくれてる表情じゃない!!!」



「ま、私は今は金鉱山で働いているんですけどね。あーしんど。」

「そういえば伐採キャンプで働いていたのは一代目琶月でその琶月は死んだんだった。」

「覚えておけ〜〜〜〜」

全然産業エリアの建設に手が回らない。
短いですが今日はここまで。今日は確認だけで終わっちゃいました。


7/11


あの〜、プレジデンテジェスター。

「んー?産業エリアの建設終わった?」

いえ、全然・・・っていうかめっちゃ経済が滞っていて全然建設費用が捻出できません・・・。

「かっーー!一体何をしている!原因は何だ!」




市民からの大抗議デモです。
総人口の10%越えデモがず〜〜〜〜っと行われていてシンプルに人手が足りなくなって操業停止してます。

しかも挙句の果てには



リベリオン??



だぁっーーー!!!反乱だーーー!!!




ラム酒蒸留所に爆弾を仕掛けるゲリラ兵達。
アルコール施設に爆弾仕掛けるとかもう犯人分かったもんだろこれ。

「おのれ宗教オババ!!!我が軍の防衛隊はどうした!!」



教育が行き届いていないので労働者がいませ〜〜〜〜ん。というかコストカットのために採用しないようにしてました。

「かっ〜〜〜!!!!今すぐ軍事施設を再開させて給料マックスにして雇って迎撃しろ!!」

そんな今からやったって絶対間に合わないって!!



爆弾が爆発しメラメラと燃えるラム酒蒸留所。流石アルコール施設、よく燃えてるなぁ〜〜〜。



お、天の恵みですよ。この雨で火災鎮火も待ったなし。




って、災害やんけ!!!!泣きっ面に蜂!!

「宮殿は安全!!」

市民は安全じゃない。科学の無謀な実験でバックトゥザフューチャーのデロリアン???
なんかあたかも選択肢があるように見えてますが上の方は予算不足で選択が出来ない。もしかすると上の方を選択すると災害の被害を軽減する事ができるのか??
まぁただの大雨だし大した災害にはならんやろ。






いや、えぐいて




大雨の中何故か次々と火災が発生。
なおこんな状況にも関わらず警察署前のデモはまだ継続してる模様。


あ〜〜〜いかんいかん!!火災がとうとう七か所に!!これ絶対災害の影響だ!
流石に消防署一つじゃ対処しきれないよ〜〜!!!




お隣の牛牧場が丸焼きに。

「お、今日はバーベキューか。」

頼むから何とかしてくれ。

「しょうがないなぁ。」



「ほら、何とかしてあげたよ。市民にもプレジデンテのお陰でってちゃんとラジオ放送で伝えてね。」

この島に教育が行き届いていない証拠だ。
せ、せっかく奥地で新しい農園を作っていたのに・・・。しばらくまた産業エリアの建設が遅れそうだ・・・。資金も圧倒的マイナスだし・・・。



ちなみに反乱ですが脅威が高にまで高まっていていつ暴動が起きてもおかしくない状況です。デモも頻発してるしかなりまずいのでは??

「ええい、最優先で軍事施設を建造せよ!!」

この島の行く末が心配です!!!
ボロボロになっただけで今日はお終いです。



7/16


前回のあらすじ。
反乱が起きるわ大災害で街が燃えるわ島の危機に直面するジェスターアイランド。これは市民の怒りによる天誅なのでは?

「とにかく国力をあげて防衛力を高めねば私の首が危ない。」

「至急政府能力を向上させよ!!」

前回防衛施設建てろと言ったり忙しいよぉぉおおおおもおおおおおお。



とりあえず本庁舎を建設しました。
何やら政府機能を色々充実させ色んな恩恵にあずかれるようですが賄賂を受け取って不法所得を稼ぐとか良からぬな事も書いてある。



使い方としては各種省に人員を割り当てる事で色んな恩恵にあずかる事が出来る用です。
中には市民の思想を操作する事が出来る能力も。これで軍国主義者を選べば多少は宗教主義派が減ってデモとか反乱も落ち着いたりしないだろうか・・・。



ちなみにかなり強いと思ったのはブローカーの人材。
そのままスイス口座に金が振り込まれていき言いくるめるなど強力な択が取れるように。もうそのまま維持費を横流ししているんだよなぁ。

「口座が潤って政治基盤も安定して良い事づくめ!!」

ほんとにぃ??

おっと、何か急に通知が来ましたよ。




ああ!!来た!!選挙!!!
自分たちが支配される体制を自分たちで選びたいと!なんて身勝手な(棒声


ペヌルティーモの台詞が滅茶苦茶で本当草。この人の日本語声優さんマジでよくあってる。

「いいだろう、この私が選挙如きに負けるはずがない。市民はみんなこの私を愛しているということを証明するために選挙を行おう!!」

「私の感動のスピーチで全米を泣かせる。」

うちの島民も苦労で全員泣いておりますぞ。



選挙スピーチでは四つの項目があるようです。
特定の幸福度が支持率に影響しなくなったり、派閥を称賛して指示を一時的に増やしたり、超大国を非難して人気を取ったり、公約を掲げる事で更に支持率をあげるなど。
とりあえず今回は信仰の値が極端に低いので信仰の幸福度が影響しなくなるようにしつつ、後は人気取りしていきます。




ジェスターが!プレジデンテ・ジェスターが演説している!

信仰をないがしろにしないとは言っているけど信仰施設一つも建ててないしおもくそ侮辱しているんだよなぁ。

ジェスターが演説し始めたことで付近にいた市民がぞろぞろと集まりだしている!



が、スカスカ。明らかに人気がない。



何なら選挙演説に割り込んで反乱勃発。もうおしまいだよこの島。


「ええい、よくも私の演説に割り込んでくれたな!!」

「だがこの日のために私は軍事施設を建設しておいた。」



「さぁ、いけ!!反逆者を始末せよ!!」

過剰戦力すぎる。



ド至近距離で主砲をぶっぱなし瞬く間にゲリラ兵を鎮圧。
今回は前回と違って建物を直接銃で攻撃し始め倒壊させられそうになっていたがそれは阻止することに成功。
せ、戦車くそつええな・・・・。
この威圧効果が効いたのかジェスターの演説がそんなによかったのか知らないが何故か支持率が61%まで急上昇。恐らく市民は逆らう事に慄いているのだろう。

「素晴らしい。市民はみな私を愛しているのだ。」

どちらかというと逆らったら殺されるから従順な犬になっているふりなだけかと。
果たしてこのまま選挙に打ち勝てるのか・・・?続く。


戻る