ARK creative evolved 日記


■月別カテゴリー

2016年

12月~(←今ここ見てる)

前世
   恐竜が栄えた時代を舞台にしたクラフトサバイバルゲーム。
飢えを凌ぎ、喉を潤し、寒暖な気候を凌ぐ拠点を作る。
時には凶暴な恐竜から身を隠し、時には立ち向かわなければならない。
そして敵は恐竜だけではない。他プレイヤーも敵だ!
そんな過酷な世界を舞台にしたサバイバル日記を取り扱っています。

※なお、本鯖でのプレイ及び更新は既に終了しております。



自作サーバ名:Parasaurolophus server

+サーバルール

+導入MOD(修正中・・・)


過去ログ 1月-4月分(だいぶページが重くなってたので分割しました)


5月24日

どうもどうもこんばんは。
前回、イエティのいる超難しい洞窟を攻略しているところで終わりました。
今回はその続き・・・ではなく、ちょっとおふざけしたときのお話。

本拠地で一緒に行動しているたれもち先生が私のことを麻酔矢で執拗に眠らせてきたのでちょっと反撃に出たときのお話。
麻酔矢で眠らせられると起きるのに数分ぐらい待たないといけなくて結構めんどくさい。それを何度もやってきたのであれば十分反撃理由になるだろう!!!!!

っというわけでたれもち先生がログアウトし操作していなくなったことを確認した瞬間さっそく反撃に。





まずは木の螺旋階段をぐるぐると上に伸ばしていきます。




ぐるぐるぐるぐる。




限界高度まで伸ばします。突風吹いたら倒れそう。




なげえええ。

木の螺旋階段のそばに長い柱も建設。



次にログアウトして無意識状態となっている、たれもちの体を引きずり・・・



このくっそ高い塔を登っていきます。

最上階には・・・




たれもちを閉じ込める牢屋が建設されています。
たれもち収監!!!!!


収監したのを確認したら地面まで戻る。




あああああああ足を滑らせたあああああああああ




死にそう(なぜ生きてる

プレイヤーの中ではダントツでHPを高く成長させているので私は生きるが他の奴なら死ぬ高さだ。
最後にこの木の螺旋階段を・・・・。



破壊。




奴はここから出るには死ぬしかないのだ。


はははははは、ざまぁーみやがれぇーー!!














翌日以降。




たれもち
「なんだこれ。」


さぁ死ね!!!


たれもち
「飛び降りる。」


死んだ!!!


たれもち
「んでログアウトっと。」

は?





たれもち
「ログアウトすると無傷で着地できる。」



あーあークソゲークソゲー(投げやり


5月17日

前回戦艦ケツを作ったところまで話を進めましたね。
ここから先は本格的に洞窟攻略へと勤しみます。
洞窟は全部で10種類。そのうち2つが海中にある洞窟。

陸上の洞窟は2タイプの種類があり、洞窟の外からペットに乗って入れる洞窟とそうでない洞窟がある。
洞窟の外からペットを連れていけるような所は比較的難易度は低め。逆に連れていけない所は総じて難易度が高いです。
ひとまず簡単な洞窟は殆ど攻略しました。
全部載せると長いので印象に残った所をいくつかピックアップ。



肉食島洞窟のゴール地点。
仮拠点にした肉食島にある洞窟。高低差が異様にある洞窟だけど難易度が低い。
狼連れてらくらくゴール。




火山洞窟。足場がかなり細く、気をつけていても溶岩に落ちてしまうことも。狼連れていけるけどあんまり推奨されない。
現に一回落ちてしまった。

なので落下の心配のない蝙蝠を現地で大量にテイム。
レミリアちゃんがいっぱいだーー!!

「ゔぁぁ~♪」

レミリアちゃんはパラサウロロフスだった。
一応テイムした蝙蝠にはレミリアちゃん一号、レミリアちゃん二号って名付けていたんだけど・・・



どいつもこいつも根性なしですぐ死ぬんだよなぁ。

「なんだと。襲いかかれー!」



やめ、こいつらは野生!敵!やめーや!

一応強い蝙蝠を10体ぐらいテイムして以後、狼乗らずに蝙蝠連れていけば楽に攻略できるように。






海底洞窟の一つ。
こっちは難易度が低い方の海底洞窟。難易度が低いといっても電気ウナギとかが泳ぎ回っており何の対策もなしに突っ込むと即死する。
ただし、バシロというクジラみたいな生き物に騎乗していると電撃系の攻撃は全て無効化されるため途端に難易度が下がる。



バシロのお陰で超ラク楽攻略。バシロ自体も戦闘に強く、こいつがいれば海底は何も心配いらなさそう。

さて。簡単な洞窟は一通りクリアしましたが、難しい洞窟はまだ残っています。
その中でもひときわ難しい洞窟がここ。



スノーケイブ。

まずペットを外から連れ込むことができず、更に・・・



敵のレベルが異常に高く、生半可な攻撃では傷つける事はできずしかもバカみたいに火力も高い。
数も非常に多くまともにやりあったら万に一つ勝てない。
なので一つ対策をうつ。



っというわけで、簡単な要塞を建築。ペットは持ち込めないけど建築物は作れる。これでイエティがこっちにこれないようにした。



後はライフル銃を使ってひたすら削る・・・削る・・・削っていくんだけど・・

全然死なねぇ。なんだこいつ。

試しに相手のHP残量とかが分かるアイテムを使って調べてみる。



ファッ!!?1万!?ありえねぇ!

さっきライフル銃で450ダメージとか叩き出しているけどこれはヘッドショット決めた時の値で常に決められるわけではないので非常に時間かかる。
なんなんだよこいつ・・・。



うわぁ。めっちゃこっちみてる。やべぇ。

くそ、ショットガンで早く死にやがれ!!



顔もっとやべーよ!!ゾンビか!!

ぐちゃぐちゃになりながらも必死に攻撃を続けるイエティ。
まぁ、石の建築物なら壊されることはないし安全なんだが・・・。



っと、思った時。突如壁が崩れる音が。え?なんで?

どうやらイエティのみ石建築物は破壊できる模様。まじかよ!!!!!!11111




(^q^)



続く


5月8日

前回仮拠点構築をするところまで話を進めました。
今回は移動拠点を用意するお話。なんやかんや言って船では大陸中央にある洞窟にはどうあがいても行けないので結局空に頼らざるをえない。
例によってケツをテイムしにいかなければいけないのだが、なんかのアップデートで飛行生物の移動速度を上げることが出来なくなてしまいケツのテイムは難易度が上がってしまった。
素早く飛行できるペットはプテラノドンぐらいしかいないのだが、このプテラノドン。早く飛ぶとあっという間にスタミナが尽きてしまうのだ。
っというわけで、スタミナが尽きる前にさっさとケツを昏睡させてテイムさせよう。



プテラにロープを結びつけてぶら下がる変態3人
この後めちゃくちゃテイムした(やめろ



ケツを一匹でもテイムすれば再びケツをテイムするのは簡単。
背中に大きな箱を作って野生のケツに正面からぶつかり閉じ込めたら麻酔弾を放つだけ。




こんなに隙間のあるガバガバ箱でも野生のケツは挟まって外に逃げることが出来ない。
ひとまず高レベルのオスメスをテイム出来たので繁殖。子供から育てたほうが強いので拠点にするケツは出来る限り頑丈にしておきたい。




で、生まれたのがこのケツなんだが・・・なんかやけに緑色だな。突然変異しちゃったっぽい。

うちのサイトにぴったり(適当

ブリーディングが終わり大人になったらさっそく移動拠点もとい戦艦ケツの構築に取り掛かる!



まずは藁の建築物で簡単に下書き。
構造を決めたらひたすら鉄及びグラスメタルに張替え。



一階部分完成。




二階部分。ここがコントロールルームになる。
後はもう一気にバババババっと作ります。



完成!(早い

今回は三階建て。前回の戦艦ケツは4階建てだったのですがぶっちゃけ大きすぎた。これぐらいがちょうどいい。
ちなみに夜になって灯りをともすとこんな感じ。



おぉう、すごいメカメカしいな。




室内。二階部分。見えづらいのだが真ん中なに棒が伸びてて、そこにリモートパッドが設置されている。
リモートパッドに結びつけた4桁の数字を入力すると外側にある銃座が起動し自動的に敵を迎撃してくれる。灯りが不要な時もここからまとめて点けたり消したりできる。
ちなみに中央付近にアーティファクトの台座も設置。特に意味はなく飾りなのだが、どこまで洞窟を攻略したかひと目で分かる。
実はこの次点で既に2つの洞窟は攻略済み。簡単な洞窟はものの数分で終わってしまう。




三階。ここは主に飛行生物を収納する。
ちなみに全ての階共通なのだが万が一室内に敵が潜り込んでしまっても迎撃できるようにオートタレットを設置している。
室内オートタレットだけは外のオートタレットの起動状況にかかわらず常時電源ON。これは本当に不測の事態に対応するためのものなので切ることはない。




ちなみに前回の戦艦ケツは今回は下側の敵にも対応できるようにガトリングガン設置。これは人が乗るタイプ。
そして真下を照らせるようにサーチライトも設置。



そしてこちらは完全な飾り。プロペラ・・・という名の風力発電。
プロペラが高速回転していかにもこれを出力にして飛んでいるかのように見せかけている。見せかけているだけ。

全ての武装及び改築終えたケツがこちら。



空飛ぶ要塞だな・・・。

この戦艦ケツを拠点にし、各地の洞窟を攻略していきます。
ちなみに船長はパラサウロロフスことレミリアちゃん。

「全軍、突貫せよ!」

船長が出す命令じゃねぇー!


5月3日

今日からGW!ようやくGW!!!
特に旅行にいかずPCゲーム。非リア充

さて、本編に入る前に。
自サーバ編入ってからずっと同じページに日記を書き続けていましたが1ページのサイズがだいぶでかくなってきたので分割しました。
リアル日記みたいに上の方に過去ログへのページを作っておきましたので過去の内容を見たくなりましたらそちらから参照して頂ければかと思います。

さてさて。アイランドに戻ってから二回目の更新です。
前回も宣言したとおり、今回は街とか大きな拠点なんかは作らず、さっさと移動式拠点を作り上げて全ての洞窟を攻略しようと思います。
っというわけで、まずは昨日作った船を使って必須物資を溜め込みます。



公式サーバ時代でも散々世話になった北拠点ちほー。
ここでアルゲンタヴィスと狼をテイムし、原油、水晶、真珠を集めまくります。
開始してそうそうこんな貴重な物資が手に入るとはなぁ。こういうのは足がかりとか作ってからじゃないと危険で取りにいけない場所なんだけれど船が移動式拠点の役割を果たしてくれているので面倒な拠点構築を全てカットできています。
本当は戦艦ケツまで作ってから洞窟攻略しようと思ったのですが何かこの船が以外に便利で何か必要なく感じてきたなぁ。



っと、思ったその矢先。



んっ!?なんか海面にめっちゃでかい生き物がいるぞ!?





ファッ!!?なんだこいつ!!?


何にもしていないのに船目掛けて猛攻!!!
どうやらこいつは普段は温厚で攻撃しても何もしないのだが、何故かイカダや船を見ると絶対沈めるマンに変貌するらしい。なんでや。

火力もかなり高く、どこいってもずっとついてくるので船旅する身としては極めて危険な存在であることがわかった。
これじゃ船を正式な拠点にするのは危険すぎるじゃないか・・・。
やっぱり戦艦ケツは作らねばならないようだ。戦艦ケツ作るならやっぱり仮でいいからベースとなる拠点は用意しないとだめだな。

せっかくこの船をめちゃくちゃ魔改造したのに・・・。

↓魔改造してサーチライトまで搭載。



まぁ、しばらくはこいつを本拠点としつつ仮拠点&戦艦ケツを作るとしよう。
今回、仮拠点はたれもち氏と一緒に建設することになった。
どうやらたれもち氏も船は作っていたらしい。船で一緒に仮拠点建設予定地へ。




「その小舟で俺と競うつもりか!?貴様には負けんぞぉ!!」(ピッコロ風に





なにげに船にガッツリ恐竜載せてやがる・・・。
ちなみに船のサイズこそ違うもののスピードと耐久力は全く一緒。好みの問題ですな。

なお、その後たれもち氏が先頭を取り、いきなり急ブレーキをかけた結果、奴の船に俺の船が思いっきりめり込み恐竜全てが転落した。

その後なんやかんやしつつも仮拠点建築場所へ到着。




拠点の建設はたれもち氏が担当・・・担当っていうか、俺は今回移動拠と攻略に必要な建設以外はしないと決めたので
ちなみにたれもち氏の他にもあと3名このサーバで遊んでおり、各々ビッグな建築物を作っているようです。特に1名めちゃくちゃ凄い。
この辺は追々紹介していこうと思います。

次回はケツをテイムして戦艦化、そしてそのまま洞窟攻略へと行ってみましょう。
今度こそさっさとボス戦へ!!!続く!


戻る