■過去ログ

2022年

9月(今ここ)


最後の更新にジャンプ


09/25



時は宇宙世紀(大嘘


人類は地球という揺り籠から離れ、宇宙という惑星より何億倍もの広い世界へついに羽ばたいた!
小惑星帯からの資源採掘、惑星間の交易、そして未知なる文明との接触・・・。
宇宙はこれまでの地球上の出来事がいかにちっぽけで狭い出来事だったか。人類は思い知らされた。
宇宙は広い、宇宙に何があるのか。この宇宙の謎を全て知る物はいまだなく、それはかつて地球が丸いという事を知らず世界の果てを目指して船を動かし続けたあの大航海時代のようだ。


そう。世はまさに。

宇宙大航海時代である!!!


というどうでもいい前置きは置いといて。

これから遊ぶゲーム x4 foundationsというゲーム。何やらStellarisとも言えるしCivilizationとも言えるしエースコンバットとも言えるし地球防衛軍とも言えるし何ならCites Skylinesとも言えるしってもはやこれが何のゲームなのか逆にイメージがついていない状態である。
ただ1つ言えるのは上に上げたゲームのように、StellarisやCivlizationのように内政で自国を成長させながら外交に気を使いつつも戦争を行って領土を奪ったり守ったりできるし、エースコンバットのように1兵士として宇宙戦闘艦を操ってドッグファイトを楽しむこともできるし、地球防衛軍のように話しすらできない外宇宙侵略者から自国を守るために全世界の仲間と共に戦う事も出来るしCites Skylinesのように自分の街とも言える宇宙ステーションを建設して交易船の渋滞や海賊(そんなのはSkylinesにはない)に気を使いながら経済発展を楽しむことも出来るらしい。

なんだこれ、何でもできるゲームか?

これは間違いなく超大作の予感がする。どこぞのネットカフェKOUMAKANとは出来が違う。

さぁ!未知なる宇宙へ旅立つぞ!!


















う〜〜〜ん、怪しげな船が一隻。

船体に白い悪魔が取りついているように見える。



「じぃーーーーー」

ひえっ。白い悪魔。

「えーおほん。わが社エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社の成長は留まる事を知らず。大宇宙交易時代においても存在感を示す予定だ。」

「さっそくだが君にはわが社で働いてもらおう。君に課す役割はただ1つ。わが社の影響力を宇宙1にすること。経済的な影響、軍事的影響、その他諸々、目的を達するためにはあらゆる手段を用いて構わない。」

「検討を祈る!!!!!!!!!」






今日からエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社に務める事になったワシです。よろしくお願いします(白目

いやーゲーム始まった瞬間から組織に務める事が出来るなんて幸運だな〜〜。なお組織の合計人数は私一人な模様。組織?


まぁただ遊ぶより明確な目標があったほうがやる気も出ていいだろう・・・。
このちっぽけな宇宙船1つと所持金一万クレジットからどこまで大きくなるのか。実に楽しみだ。
ひとまずチュートリアルである程度の操作を理解したところでさっそく宇宙に旅立つとする。




そしてついに宇宙へ旅立つ!!船体の白い悪魔の自己主張が激しい。






おーーー。なるほど。すいすいー。





・・・・・・。




すいません、何すればいいんですか?



ゲームスタートして何々をしろ!という指示は一切ない。



10年以上前の超大作オープンワールドスカイリムやオブリビオンですらスタートに一定の物語があってある程度の誘導はあるのだがこのゲームにそういった類のものは一切ない・・・。

「宇宙へ飛び出せましたか?よかったですね!じゃあね!」 な状態である。



せめてどうすれば金を稼げるのかぐらいは教えてほしい。ネカフェシミュレーターですら店の前への誘導するチュートリアルはあった。





とにかく訳も分からず宇宙空間をふらふら。でっかい円形のオブジェクトから数多の宇宙船が行き来している。これはジャンプゲートと呼ばれるもので別に宙域へ瞬間移動するためのもののようだ。現実でいう所の県境みたいなものだろうか。

当てもなくふらふらしていると・・・・。




何やら赤いアイコンの戦闘機と青いアイコンの戦闘機が戦っている!!これは見て分かる。赤い方が敵で青い方が味方だ!!

この船も一応戦闘機らしく射撃ボタンを押すとエネルギー弾のようなものを打ち出すことが出来ている。つまり戦えるということだ。

よっしゃ、エンパイアステートビジネスジェスターカンパニーへのはなむけにスペクタルな宇宙戦を送ろう!!!
今日より私はエースコンバットとなる(意味不明


くらえ!!!!!















ドガーーーン!!






?????????????



画面に表示されてる説明によると乗ってた私の船が破壊されたっぽい。
ばかな・・・戦い始めて15秒しか経ってないぞ・・・。


船が破壊されたことで緊急脱出を行った模様。つまり今は宇宙服を着た生身の状態でこの宇宙空間をさ迷っているということだろう・・・。
流石に船がなくなっちゃったんじゃ事実上ゲームオーバーだろこれ。あほくさ!ロードしなおそ!!!



なんてタイミングでオートセーブが入りやがる!!!

・・・・あの〜〜〜すいません〜〜〜。襲い掛かったのは謝ります。なのでどうか私を宇宙ステーションまで連れてってくれませんでしょうか〜〜〜??


そして凄まじい勢いで飛んでくる敵の宇宙船!!!






生身の私に敵のレーザー光線がぶっ刺さりあえなく爆散。グロ画像。実質バーニィの再現。


旅だってわずか30分足らずでエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社は壊滅した。




x4 foundations、完!!!!!!


「こらぁーー!!!!!!!罰として宇宙1の影響力を持つまでやり直し!!!」

あ、はい。


10/1


前回のあらすじ。

宇宙空間に生身1つで放り投げられ敵のレーザービームに貫かれ爆散した。クソゲー。

白い悪魔もとい社長の名により任せられたこのエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社を宇宙一にしなければいけないのだが・・・。
そのために何をしなければいけないのか全然分からない。
所持金の概念がある以上、やはり金が全て。金さえ溜まればきっと何でもできるはず。金!!金を集めろ!!!(資本主義者
そして金を集めるには仕事をするのが一番だがどうすればその仕事が出来るのか・・・。

とにかく宇宙船をひたすらに走らせる・・・・。



この世界にはスーパーハイウェイと呼ばれる現実でいう所の高速道路があるようだ。
そのスーパーハイウェイに乗ると時速換算で50400km/hというまさに宇宙規模っぷりを見せてくれる。ハイウェイ沿いには広告と思わしきものが並んでいる。いつかここにジェスターの顔がへばりついたりするのか(言い方




さて、ハイウェイに乗って飛んでいるとミッションのオファーなる項目がある事に気づいた。
そこには報酬としてお金の記載がある。これだ!!まさに私が求めていたものはこれだ!!

内容はとにかく急いでとあるステーションから離れたいらしい。なんか初っ端からすごいきな臭いが大丈夫かこれ?

ともかく貴重な収入源もとい仕事だ。
実質タクシーだが元手がかからないしこの仕事が終われば所持金1万から4万に増える。三倍だぞ三倍。
さっそく受諾して依頼人のいる宇宙ステーションへ向かう。




ここが依頼人のいる宇宙ステーション・・・。
最初どうやってドッキングすればいいのか分からなかったが右クリックしてみたらドッキング許可の申請というボタンが出てきた。これをクリックすることで誘導灯が表示され駐車を許可された領域が強調表示された。
結構色んな交易船が飛び交ってるし混雑している宇宙ステーションだとドッキング許可を申請しても申請が受理されず待ち時間が生じたりするのだろうか?リアルだな・・・・。




初めてのバック駐車(宇宙規模版
ここはチュートリアルで習った。教習所で教わったことを存分に活かす。
具体的には機体を水平にし、視点を真ん中にしっかり合わせ、横軸縦軸奥行の軸全てを合わせる。合わさるとそのラインは緑色になり全てが緑色になれば自動的にドッキングされる。



何度か通り過ぎたり切り返ししたりしたが無事に駐車出来た。なんだか初めて車を運転した日をリアルに思い出してしまった。
なんかぱっと身普通に宇宙空間なのに生身の人間が歩き回ってるけど大丈夫なんか?って思ったが微妙に青色の薄い膜がステーションを覆っている。なるほど、これで地上のように保護してる感じか。確かにこの中に宇宙船突っ込ませた時すごいスピード落ちた。

さて、ご親切に黄色い誘導灯が伸びていてどこに依頼人がいるのか導いてくれている。
出来れば最初にレーザービームで貫かれ爆散する前に依頼の受諾ぐらいまでは導いてほしかった。



これが今回の依頼人のようだ。依頼内容からは凄いひっ迫を感じたが髪型のせいで急に緊張感が失われた。
ところでNPC1人1人にステータスみたいなのが割り振られていてどこの国の所属でその国とはどの程度友好的か一目で分かるようになっている。
まだ国の事とか全然分からないけどそのうちCivilizationやStellarisのように友好度に気をつけながら外交する日が来るのだろうか?



それはともかくアフロの姉ちゃんにはこの宇宙船に乗ってもらう。
さぁさぁどうぞお客様。お客様が初めてのお客様でございます!この白い悪魔が目印のエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社が細心の注意を払ってお客様を目的地まで送り届けます!!

ところで座席は操縦席の1つしかないけどどうするん?



あ、何に使うか分からなかったけど宇宙船内にあるカプセルに入ってどっかいった・・・。あれか?からくり屋敷の隠し扉みたいにくるりと裏で回ってるのか?
細かい所は置いといて客も乗ったのでいざ離陸。
なんか依頼文からは恐ろしい連中らが追っかけてきそうな感じがあったが特に誰かに追われる事もなく、極々普通の他の宇宙ステーションへ到着。



客は報酬のお金を支払いながら下船。ご利用ありがとうございました!!
タクシーのような運送で所持金が四倍になった。エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社は今日からタクシー会社になります(しょぼい
どんな仕事であれ働いてお金を得る方法を理解できた。これは大きな進歩である。少なくとも敵と戦う必要はないので安全だ。というか、多分初っ端から戦っちゃいけなかったんだろう。
初めての仕事をやり終えたところで本日はここまで。


10/4

前回のあらすじ。
エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社の人間として初めてお仕事をやった。頑張ったのでお給料下さい。

「もっと働いて。」

はい。

さて、次なる仕事を探して宇宙をさすらいます。
現実で「仕事を探して街をさすらう」といえばプー太郎感凄いが宇宙での仕事探しとなれば同じプー太郎に近くてもスケールが途端にでかくなってカッコよくなるのだから宇宙ってずるいものである(意味不明




ところでさっきから宇宙空間で戦いが勃発している。

この世界はプレイヤーのためだけに存在している世界ではなく、国というものが存在していて各国が自国の目的のために活動を続けている。
ゲーム内にあるウィキペディア的なページによると人間社会が中心の国家もあれば三つ目の宗教国家にグーグルのような超巨大企業がそのまま肥大化して企業がそのまま国になってしまったトカゲみたいな種族の国とかがあるようだ。
先ほどの企業国家は利益を追及し続けるし宗教国家は自分の宗教を受け入れない国を力で制圧している。どうしてどのゲームでも宗教国家で狂犬になってしまうん?スペースモンテスマかよ。

ちなみにプレイヤーはスタート状態ではどこの国にも所属していない模様。ただスタート時に境遇を選択することが出来て今回は最も一般的な境遇から開始したが選択したものによっては特定の国に所属した状態で国のために戦ったりする一兵士になったりするようだ。



そしてマップ画面。灰色の三角形のマークは撃墜された船らしい。
今乗ってるちんけな宇宙船より遥かに高級な戦闘艦が無数に撃墜されている・・・・。タクシー業務で「金!金!」と騒いでいた私のスケールはミジンコどころか原子レベルでみみっちい。

さて、しかしマップ画面を開いてみればちょうど仕事が二件あるじゃないか。
修理の手伝いと残されたものという二つの仕事が用意されている。残された物の方が難易度は高そうだが18000ほど報酬が高い。

なら高い方を仕事するに決まっているよなぁ?


内容はとても簡単である。
依頼主は乗っていた船が撃墜されてしまい、脱出したはいいが船に積まれていたコンテナを置き去りにしてしまったため回収してほしいそうだ。
これはもしかして先ほどの戦いに影響があるのだろうか?戦いが起きなければこの依頼は発生しない的な。だとすれば非常によくできたゲームである。

依頼を引き受けるとどこに目的のコンテナがあるのかマーカーが出現し場所を教えてくれた。ふむふむ、タクシー業と全く一緒だな。現地に向かって回収して最後は依頼主に渡すだけ。とっても簡単である。



そしてこれがそのコンテナである。
・・・しかしぶつかっても回収できない。何やら左下に 解除 ロックボックス という文字が出ている。
これはあれか、ロックボックスを解除することで中に入っているコンテナが放出されて回収できるようになるあれか。よくわかった。


射撃して破壊してロック解除だ!!!












撃った瞬間大爆発を引き起こし私の生身諸共爆散した。クソゲー。


GAME OVERwww

じゃねーーーよ!!!


ここまでセーブされていなかったので最初からです。ファアアアアアアアアア!!!!!!!
似たような依頼が来たのでセーブしてからもう一度引き受けてよ〜〜〜く観察してみるとロックボックスの周りに赤いガスボンベみたいなのが縛り付けられていた。確かに↑二つのスクショよ〜くみると見るからに危なそうなガスボンベがちゃんと写ってた・・・。いや、でもそんな危ないもんなんで巻き付けてんだよ。これが原因で依頼者の船轟沈したんじゃねーの?

ロックボックスの解除方法だが角の部分に赤い出っ張ったスイッチみたいなのがあり、これを狙って射撃することで解除される仕組みのようだ。スイッチ全てを撃てば中身のコンテナが取り出せる模様。

よし、やり方は分かった。もう一度リベンジだ。





















無理。

スクショじゃ分からないと思うがロックボックスが結構なスピードでぐるぐる回転しているのですっげーーー狙いにくい。




こんな仕事やってられっか!!!はいばっくれ〜〜〜〜!!




引き受けた仕事は途中でばっくれてもおとがめなし。
エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社はエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社に優しくない依頼はお断りしております(くそ企業


10/8


前回のあらすじ。

もう二度と回収の仕事しません。
もっとこう安全な仕事はありませんかね〜〜〜。仕事に生き死に関わるとか普通おかしくありません?(弱者




なんてこと言ってたらステーションの整備員が白い煙を俺の宇宙船にぶっかけてきた。
なんだてめー、白い悪魔を見て塩撒きに来たんかワレ!!宇宙規模で恐れられてんな!


まぁ疫病神みたいなものなのでこのような辛辣な扱いを受けてしまうのは仕方がない。いつしか宇宙一の影響力を持つ企業になって見返してやる。




新たな仕事を探してハイウェイを駆けまわっていると修理の依頼を発見。そういえば前回もこの依頼あったな。
よくわからないがデータリークというのを塞いでほしい。引き受けると修理してほしいステーションの特定の箇所にマーカーが出てきたので修理箇所は凄く分かりやすい。




黄色の線でやんわり丸く囲われてる所が修理箇所のようだ。
修理するには船から降りて宇宙服を着て船外活動をしなければいけないようだ。ちょっと怖いな。最後に船外に出たのは自分の船が爆散してレーザービームに貫かれた時だからなぁ。




操縦席から離れて操作盤のついた丸い筒みたいな所にいくと宇宙服の使用という項目が出てくるのでこれを着用。



そして船外に放り出された。椅子みたいなものに乗っていくんやな・・・・。見た目的にスターウォーズのトルーパーに似ている・・・っていうかそのものじゃないのこれ。
船外活動は宇宙船の操作と違ってとにかく慣性が強く静止するのも一苦労。スラスターを勢いよく噴射するとそのまま無限に飛んでっちゃうので逆噴射を繰り返しながら位置を微調整しつつ修理地点へ向かう。



そしてはみ出た配線に向かってリペアレーザーを射出。このレーザービームに触れるとどんなものでも修理される。ポニョこれ知ってる!バトルフィールドでも見た!
修理を終えたら自分の船に帰還。この時自分の船にも右クリックからドッキング申請を行わないと船内に戻れない。これに気づくのに時間がかかって一度外に出たら中に人がいなくなるから二度と戻れなくなるのかと思った。

無事全ての箇所の修理を終えて依頼完遂。報酬として約29000クレジットを獲得。
結構操作が難しくて時間かかってしまった割に報酬額が少ないな・・・。思えばタクシー業務が凄い簡単かつ凄い早く終わって一番報酬がよかったっていう・・・。
なんかこう〜〜ちょっと危険でもいいから報酬のいい依頼ってありませんかね〜〜〜〜??




っと探していたら機雷源で立ち往生してしまった船を助けてほしいという依頼を発見。
亡命者の船を損傷させずに機雷を除去してほしいらしい。ほーん、報酬も48990と今までの中で一番高いじゃないか。

よかろう、宇宙の平和を愛するエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社がこの依頼引き受けまひょ!!





これがその問題の機雷源。この広すぎる宇宙にピンポイントにまかれた機雷源の中央に救出すべき船が取り残されている。
いや、逆にどうやって機雷源に取り込まれたんだってレベル。


こんな機雷源に引っかかるとかどんなマヌケだよ!ははははははは。








そして私は機雷源に突っ込んで死んだ(意味不明


いや、なんか知らないけど機雷の方から私に近づいてきた。いや、本当に!!!


射撃して破壊すればええやろって思って射撃したけど全然当たらなくてなるべく近づこうと思ったら1kmの距離を切った途端猛スピードで機雷が接近しそのまま爆散した。自ら動く機雷とかほんまもう・・・

つーか何なんだろうなこの死亡ラッシュ・・・。Kenshi日記で序盤死にまくった琶月を彷彿とさせる・・・。

大宇宙時代をベースにしたSF小説でよくある命の扱いが凄い軽い描写が今むざむざと目の前で起こり続けてる。宇宙怖い。今日はここまで



10/15


前回のあらすじ。

機雷源除去してクレメンスって言われて行ったら機雷源の方からきて爆散した(意味不明
ゲーム内ウィキペディア先生によると今搭載されてる武器の射程距離は3.5kmくらいあるようなので3kmくらいの距離から射撃し続けていればそのうち当たって除去できると思われる。

さて、その後もタクシーやら修理やら機雷破壊(今度はちゃんと上手く行きました)やら色々やってお金も20万クレジットくらい溜まりました。最初の所持金の二十倍である。
これくらい溜まれば何か好きなもの一個くらい買えるんじゃないの〜〜〜?


・・・・・・。


そういえばお金の使い道って何?



お金があれば何でもできる(多分)
そう最初に言ったものの具体的な使い道について何一つ知っていなかった。
なんか交易商のたまり場とかいう所が各宇宙ステーションにあってそこに売店みたいなのはあるのは知っているんだけどいまいちよく分からないクラフトアイテムの素材っぽそうなものが並んでいて買う事は出来てもやはり用途が分からない。
しかし一番分かりやす使い道は間違いなく新しい宇宙船の購入だろう。

いくつかに造船所があるのは発見しており、そこで船を購入することが出来そう。
さっそくドッキングしてお店にGO!!



ジンコーテック。何で日本語チックな名前なのか。

ホログラムに映し出される数々の宇宙船。なんか未来のカーディーラーみたいな感じだ。
へへ、すいません。自分今20万クレジット持っているんですけどこれで新しい船買えませんか?

今の船、他の人達が乗ってる船と比べておせーわ、脆いわ、すぐ爆散するわで嫌なんすわ。

「私が見繕った船にケチつける気か!」

ひえ、社長すいません。

で、どうやって購入するのか最初分からなくてWiki見たり調べてる事10分くらい。ようやく買い方が分かる。


だがどいつもこいつも最低でも60万だとか90万だとか、どえれ〜〜金額だったので私は大人しくUターンしこの造船所から離れた。20万でイキってすいませんでした。





引き続き軽い仕事をこなしていきます・・・はい・・・。
今度は高速サンドフィルターというアイテムを6つ依頼者に渡せば良いらしい。とうとう宇宙にきてまでパシリやらされる嵌めに。




高速サンドフィルターは各宇宙ステーションにある交易商のたまりばで購入する事が可能。
こんな未来なのに買い物出来る場所に買い物かごが表記されている当たり現代でとっくの昔に使われなくなったフロッピーディスクが保存のアイコンとして永遠に残され続けてるあれを感じる。
で、高速サンドフィルターを買った後は依頼者に渡さなきゃいけないのだが・・・・。



あろうことか買ったステーションと同じステーションに依頼者がいた。
同じステーションならもう自分で買ってこいよ。宇宙にまで来たのにやらされてる事焼きそばパン買ってこいと同レベル。


名前もヨハンディスハイントリアスヘバリソス3とかもう訳わかんねーなこのトカゲ。

あーーーこんなんで宇宙一の影響力を持つ企業になんか成長できんのかよ〜〜〜。
いつまで家すら持たずホームレス一歩手前の宇宙版ブルーワーカーやらにゃあかんのや。




だが突如目の前に転機が訪れる!!






チュドーーーーン!!





うお、なんだ!?







せ、戦争じゃぁーー!!大戦争じゃぁーーーー!!!




それはもう物凄い大規模な戦争でブライトさんも満足しそうな弾幕の応酬。


あまりにも激しかったので思わず動画撮影。こちらがその様子。


今日のサイト更新用の動画。
ガチ戦争中、あちこち飛び交う弾幕・・・の中うろうろさ迷い観戦する場違いな私。 pic.twitter.com/epj64xZtR9

— ワシ(キュピル) (@kyupiru) October 15, 2022



一体何がきっかけでこんな大戦争を起こしてしまったのか。
私にはよくわからないが今まさにここで宇宙の領土を求め争い合っているのだろう。戦っているのはテラン保護府とアンティゴネとかいう連中らがやり合っているようだ。

ただこの大戦争。私には一切関係ない。
故にただの傍観者。このエリアをうろついても別にターゲットされることもないし攻撃されることもない。流れ弾が怖いがまぁ三次元空間なのでそうそう当たるまい(フラグ
しかしいつかこんな大戦争に私も関係者として身を投じてみたいものだ。エースコンバットみたいな感じで楽しそうじゃないか。



で、ところで。


撃破された戦闘機からコンテナが一杯ドロップしててプログラム式フィールドアレイとか手に入ったんですが・・・これ。


クリックしたら売値「15万」とか書いてあって「ファッ!!?」と思わず口にしてしまったのですが・・・。
頂いても全然問題なさそう?所有権とかない??


今こうしている間にも目の前で戦闘機が爆散しドロップされるアイテムたち。



・・・・・・・。




うおおおおおおおおおおおおお回収しろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(ハイエナ企業爆誕


どうも、宇宙のごみを減らす慈善事業家エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社です。よろしくお願いします。


この大宇宙戦争は20分ほど続き・・・次第にアンティゴネ側が優勢に。そして左下に「テラン保護府は第二の遭遇 引火点から撤退しました」というニュースが流れてこの戦争は終結した。はえ〜〜〜。StellarisやCivlizationでこういう大戦争を指揮した事はあったけどただの1人の一般人として傍観したのは初めてだ。世界が生きてて凄いゲームだなぁ。

だがそんなことより問題なのは回収した物の方である。
す、すいません!!交易商さん!!偶然こんなアイテムが私の懐に自ら飛びこんで来た(大嘘)のですがおいくらで買い取って頂けますか!!?














合計158万クレジットの利益。うそだろ。

今までの仕事の報酬がマジで子供の小遣いレベルの差である。


うひょ、うひょうひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。本日はここまで。

10/22


前回のあらすじ。
目の前で大宇宙戦争勃発。轟沈した船から零れ落ちるドロップ品をせせこましく回収し続けた結果、158万クレジット入手するという凄まじい大金を入手してしまった。
やっぱ戦争って儲かるんすね・・・(白目

ともかく!!なんやかんやで合計で約182万クレジットも溜まった。
これなら文句なく新しい船買えるやろ!!

問題は何の船を買うか。
ここで戦闘機を買ってもいいのだがどうも武器は軍事ライセンスを入手していないと強いのは買えないようである。
ましてや戦闘機も軍事ライセンスがないと購入不能。そうなると今買えるのは必然的に偵察機のみ。
偵察機なんて・・・こんなの別に買うメリットないじゃん・・・・っと、最初思っていたのだが・・・・。
ここまで遊んで分かったのは船のスピードが遅いとめっちゃ暇な時間が長い。
タクシー依頼やるにせよ仕事を探すにせよやっぱ船のスピードが遅いとなにやるにしても何分もかかってしまってとにかく効率が悪い。
それにゲーム内ウィキペディアの艦船データによると戦闘機は悉く足が遅い。まだやれる事が限られているしあの戦争を目の当たりにして小さな平凡な戦闘機1つで全てが解決する世界とは到底思えないのでここは最も足の速い偵察機を購入しよう!これで仕事の効率も結構変わるはず。
なんせ従来の船の最高速はトラベルモードという高速移動モードでも秒速2500mだったのだがこの新しい偵察船なら秒速7700mまで早くなる。三倍だぞ三倍。
現実で言うなら各駅で通勤してたのが特急列車に乗るようなもんだ。これで時間が浮くのはでかい。(微妙な例え



というわけで新しい船がこちらになります。
購入画面がすごく独特で現実に例えるならゲーミングPCを買うのに似ている。
まずは船のシャーシを選択。これはゲーミングPCでいう所のPCケースでケースによって入るパーツが決まるような感じだ。
偵察船のシャーシにはエンジンが沢山詰めれるからスピードが速くなる。

エンジンにも戦闘用や長距離用、そして間の万能型などいくつかの種類に分かれている。戦闘用は標準時の航行速度が早く、長距離用はトラベルモードという高速移動時のスピードが早い。
戦闘中はトラベルモードが使えないためドッグファイトに強い構成は間違いなく戦闘用エンジンなんだろうが今回この船での戦闘は想定していないので長距離用で問題ないだろう。
他にもシールドとか武器とか色々チョイス先はあったのだが実際に選択して使ってみないと分からないので適当に選択。
とりあえずシールドは命に係わる所なのでここだけ惜しまず一番高いのを選んでみた。

構成を決めたら料金を支払って発注。
発着場に向かうとペガサスという名前の船が一覧に追加されており現場に向かうと・・・・・。



おお!!新しい船だ!!曲線美が美しくいかにも生やそうな船だ・・・!!
機体の横に白い悪魔のアイコンもなくなって健全化された。




と、思いきや翼の下に書かれていた。やはり白い悪魔からは逃れられない(白目

「会社のお金で買ったんだから会社のマークを入れるのは当然だよね?」

アッ、ハイ・・。



ちなみに今回の船には付き人が乗船されています。っていうか船買うのに必須項目になってて強制的に雇わされた。
ドーモ、クリマン=クオロックさん。エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社代理代表=ワシです。貴方が私を除く初の社員です。

自分以外にも付き人を雇って船に乗せておくとマップ画面から指示を与えて指定の場所に向かわせたり攻撃指示与えたり遠隔で操作できるようになるようだ。
いつか戦闘機の艦隊を組んで宇宙をさすらう傭兵業とかやってみたいものだ。

新しい船を買ったのはいいが問題なのは古い船の方である。
散々爆死して何回やり直したか分からない古い船の方は悪い思い出しかなく愛着なんてものは一切ない。
売却も行えるようなので売ってもいいのだが・・・ただ最初の更新の時のようにいつ何時船が轟沈して救助を求める嵌めになるか分からないので予備は1つ持っておきたい。
なので・・・・。



造船所をぶらぶらしていた適当な生物に声をかける。なんとたったの4160クレジットで雇用できちゃう模様。




これは最初の契約料で後で給料を払う必要・・・・・はないようだ。ここで雇ったら以降一生ただ働き。


こんなんぜってーうちの会社だけで騙されて契約書書いたらそんな内容だったって感じだろ。エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社怖い。



「某工場に勤めてる従業員です。未だにお給料が支払われません。ブラック企業です!!!!」

帝愛みたいな会社だな。



入社おめでとう・・・コングラチュレーション・・・ハティブm・・・・・名前長くてよみづれぇ。



君は一生この船の船長を勤めてくれ。職のなかった君がいきなり船長になれるのだ。嬉しいだろう?

私はこれでレーザーに貫かれたりコンテナの爆風に巻き込まれたり機雷が突っ込んできて爆散したりした。

新しい船を買った所で本日はここまで。会社的には従業員が二人も増えて大きな一歩を歩んだ・・・・はず。


10/29


前回のあらすじ。新しい船を手に入れ、ついでに従業員も二人増えた。
給料支払う必要もなく永遠にこき使う事が出来る。覚悟しておけ(クソ上司

新しい船は船速が従来の三倍でタクシー業や機雷除去のための現場到着スピードが激増し目に見えて仕事の効率が上がった。単純に稼ぎも三倍近く上昇した状態だ。
しかし・・・いつまでこんな単純な繰り返し業務をやらねばならないのか・・・。
周りは楽しそうに戦争している中、俺は一生懸命その尻ぬぐいのような作業をさせられている・・・。
依頼内容にも「敵艦を撃破せよ!」だとか「採掘船を敵の襲撃から守れ!」だとか戦闘ミッションはあって報酬も30万とか凄い高いのだが流石に偵察船なんかでクリアできるとは思えない・・・。

しかし採掘船を守れというワードにピーーーンと来たぞ!
マップ画面を開いて周りの船を見ると採掘船が確かにあたりをうろうろしている。採掘船がいるという事は当然資源を採掘する場所があるということだ。
更にマップ画面をマジマジと見ていると殆ど黒色のタイルに紛れて赤いタイルや紫色のタイルなどが点在している。凡例によると鉱石やガスが存在していることを示しているらしい。



実際に現場に向かいスキャンモードになってみるといくつかの小惑星に色がついた。
これらの小惑星をクリックしてみると鉱石やシリコンの埋蔵量が表示された。なるほど、採掘船はこの色のついた小惑星を砕いて資源を確保していた訳か。



他にもマップ画面で青色になっているタイルにはガスがある事を示していて宙域には特別何かある訳ではないのだがガス採掘船がその場に鎮座して船体に空いた穴から霧みたいなのを吸い込んでいた。多分ガスか何かだろう。
ちなみにスクショを拡大してみると分かるが真ん中にあるちっっっっさい宇宙船が私の乗っている船で奥にある紫色の丸い球がついてるのがガス採掘船。でかすぎんだろ・・・。俺このガス採掘船にすら勝てる気がしないわ・・・。



そしてそのマップ画面。資源プローブという衛星を設置すると設置した衛星の周囲にある資源の埋蔵量が分かるようだ。ちょっとこれの見方はよく分かっていないが単純に星が多ければ沢山資源があると思っていいのだろう。
さっそく採掘船を購入して実際に採掘してみたいがその前にもう一つ調べねばならないことがある。
採集した鉱石などの資源はどうやって売れるのか。最初は交易商で売れるのかと思っていたのだが何か他の採掘船が砕いた鉱石をどさくさに紛れて拾ってみたものの、インベントリではなく船の中に詰みっぱなしで売る事が出来ない。

これ理解するのに凄く時間かかったがどうやらアイテムには二種類あってプレイヤーのポケットに入るインベントリと船の格納庫に収容される大きいアイテムの二種類に分かれているらしく鉱石などは後者の方のようだ。



そういったアイテムは交易商で売る事はできず、該当の資源を買い取ってる宇宙ステーションがあるからドッキングステーションに着陸して船から交易画面なるものを開いて取引する必要があるらしい。
マップ画面から交易フィルターを開いて該当の資源に絞ってみると買い入れ中のウェアという表記で鉱石や水素などと表記されてるステーションが出てきた。
このステーションに鉱石などを載せた採掘船を着陸させることで買い取ってくれるみたいだ。なるほどね〜〜〜〜。



すいません、何でこういう大事な事チュートリアルで教えてくれないんすか?こんなんネットで調べないと分かるか!!!


とにかく資源の採掘方法と売却方法は分かった。
さっそく採掘船を買ってみよう!!!!幸いゴミ拾い時に貯めたお金はまだ残っていて採掘船一隻分を買うお金は残っている。



こちらがその採掘船。

・・・サーフボード?

武装やタレットに採掘ドリルというのを選択。これを搭載しないと採掘が行えないようだ。
というか採掘ドリルの代わりに武器を積ませることも出来るみたいだ。多分採掘ドリルでもうちの偵察船より強いんじゃないのかな・・・・。

お値段は合計約62万クレジット。全財産が82万クレジットなのでギリギリ一隻買えた。


さ〜〜〜〜て、出来上がるのを待つぞ〜〜〜〜〜〜。




・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




10分経過。


あの〜〜〜〜すいません。まだ完成しませんか〜〜〜??


ペガサスの時はすぐ完成したのに採掘船の建造が全然始まらんぞ!!!!というか何だったら建造すら始まってねぇ!!!!



で、これも原因調べたらとても面白い事が分かりました。
船を建造する部品が足りていないようです。

これ、注文した側はお金だけ払えばよくて別に部品を納品する必要はないのですが、この世界の船は金を払えば無から作られるわけではなく船を作るための部品を集めて建造しているようです。
それらの部品が作りすぎて枯渇していたり交易船が戦争に巻き込まれたりして納品が遅れたりすると今回のような建造に着手できないという自体が発生するようです。
実際先ほどの注文画面のスクリーンショットを見てみると船体部品が不足しているという表記が出ている。
すげー、マジでこの世界の経済生きてるじゃん・・。


更にもっと調べてみるとこれから掘ろうとしている鉱石もまた買い入れしている宇宙ステーションに運ばれた後、製錬金属として加工され、製錬金属と他の資材を組み合わせて船体部品を生産し、物によってはその船体部品と他の部品を組み立て建造して更なる建造の材料として使われていくらしい。

なんだよこれ!このゲームSatisfactory要素もあんのかよ!どんだけ規模でかいんだ。

今はどの国が劣勢か優勢か分からないがいずれ超劣勢の国が出てきたらその国で船を発注しても全然完成しないという自体が起きそうだ。
逆に将来的に自分が戦争を仕掛ける側になった時、相手が強国でもそういった生産施設を保有する宇宙ステーションを潰せばいずれ相手の船の建造は止まり勝利を手にすることとかできそう。うおおおおちょっとこれは楽しみだ。

ともかく、待てばそのうち船体部品が届けられて私の採掘船は完成することだろう。

そして待つこと更に数分・・・・。






できた!!!でけええええええええ。

船の入り口に近づくのに何かでっかい白い悪魔のアイコン目にしなきゃいけないのが気になる。
採掘船が建造されたところで本日はここまで。



10/30


前回のあらすじ。採掘船を建造した。
エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社は今日から便利屋の他にも資源採掘を行ってお金を稼ぎます!!!

「金だ・・・もっと金を稼げ・・・よいな?」

ひぇっ、社長。ハイ・・・ワカリマシタ・・。さっそく採掘船に乗船してハタラキマス・・・。




というわけで乗船。おお、広いな。偵察船なんかより遥かに快適そう。

この船には自分の他にも三人の船員を雇っていています。
なんか最大で10人くらいまで乗れるし船もでかいから1人じゃ大変かな?っと思っての三人雇用。まぁ1人当たり4000クレジットくらいだから安い安い。使い捨て感覚で行け(最低

最初は自分の手で採掘してみたい。さぁ操縦席を変われ。
採掘船プルートス、発進!!



うおおおお操舵が・・・重いっ・・・!!

当たり前だが偵察船なんかと比べてとにかく旋回スピードが遅い・・・!!そしてエンジンを止めても全然停止しねええええ!!!



そのまま時速1155kmのスピードで小惑星に激突。あぶねぇ、シールドがなければまたGameOverって出てたわ。

目当ての小惑星に無事接近(という名の激突)した後は射撃ボタンを押して採掘ビームを発射。しばらくして小惑星は粉々に砕け散りアイテムとして散らばった。
Oボタンを長押しすると周囲のアイテムを吸引し着々と鉱石がコンテナに保管されていく。



小惑星を二つほど砕いたところで積載量一杯まで溜まったので宇宙シリコンを買い取ってくれる宇宙ステーションへ直行。
積載重量が増した事で更に操舵性が悪くなり、ブレーキも信じられないくらい効かなくなり今度は時速5000kmくらいのスピードで宇宙ステーションに激突。おいゴルァ(自分が悪い

そんなスピードでぶつかってもこちらはシールドが全損するだけで済み(こちらは時間経過で回復)、相手の宇宙ステーションも何事もなくスルー。
ブレーキかけるより遥かに快適なのでこれからは全速力で発着場に衝突する運転を行おうと思います!!(超迷惑



着陸してドッキングした後、交易ボタンからシリコンを売却。
アイテムとしてはシリコン900個があるのだがこの宇宙ステーションでは300個までしか買取オファーを出していなかったので三分の一だけ売却。その後別の宇宙ステーションに立ち寄って売却し、合計売却金額は約10万クレジットほど。


う〜〜〜〜〜ん、採掘に結構時間かかるしこれ手動でやる分には依頼をこなすのとさほどかかる時間変わんないなぁ・・・。

採掘業に手をだしたものの劇的に儲かるという訳ではなさそうだ・・・・。

しかしそれはあくまでも全部自分一人でやったらの話し。

そう、この船には私の他に三人もの船員がいる。彼らにやらせればよいのだ。



採掘船を右クリックして 情報→個別行動→基本行動から宙域の自動採掘という覧があるのでこれを選択し、採掘する資源と活動宙域を選択。
なんとこうするだけで後は勝手に採掘から売却まで勝手にやってくれるのだ。おおおおすげえええ優秀だな!!

ただ注意しなければいけないのは同じセクターでしか採掘及び交易を行わないようで例えば資源採掘はこのセクターでやるけど資源売却はジャンプゲートを通った隣のセクターに売る・・・というのは出来ないようだ。
一応高度な自動採掘というのを選択すればセクターを跨いだ採掘と交易を行ってくれるようだがそれを実行するには船員のスキルが高くないといけないらしい。人材の育成要素もあると来たか。そのうち我が右腕となる高スキル部下を育成して幹部としてパシらせてやろ。

ひとまず当分の間は資源の買い入れオファーを出していてかつその資源が同じセクターで採れるセクターがあったら自動採掘の指示を出すとしよう。
ここハティクヴァの選択という名前のセクターにはシリコンが採掘できてかつシリコンの万単位の買い入れオファーを出しているステーションがあるので自動採掘を繰り返し行ってくれそうだ。



というわけで指示を出した採掘船は自立行動を開始し資源の採集と売却を行い始めた。
すばらしい、我が社の定期収入完成の瞬間だ。

現実なら社員の給料や維持コストやら色々発生するんだが我がエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社は社員に給料を支払わないので維持コストがない。
最高(最低

全自動採掘マシーン(船員含む)が完成した所で本日はここまで。


11/5


前回のあらすじ。
採掘船にのってシリコンを掘ってみた。その後、一回やって満足し船と一緒に雇った船員に全部任せた。

さて、貴重な収入源を増やした訳ですが一隻だけではお金の増え方も遅いことでしょう。
探せばきっと一隻目と同じように買い入れオファー出してるステーションとその求めている資源が同一セクターに存在している所はあるはずでしょう。
探す・・・探すぞ・・・!!探して依頼こなして金貯めて採掘船買って自動(手動)採掘船を派遣し金を増やすっ・・!!!

幸い今の私にはペガサスという滅茶苦茶足の速い船がある。これに乗れば宇宙を探検するのはそんなに時間のかかるものではないだろう。



こちらが短剣前のマップ画面。
ジャンプゲートに入っていくつかのセクターを航行したがそれでもまだ9つ程度。
ここから資源と宇宙ステーションの買い入れオファーを血眼になって探し始めます。


そして大体三時間後・・・。





だいぶ探索したぞっ・・!!

探索している間に採掘船の自動売却でお金が溜まって新たな船を買うお金が用意出来たので自動採掘の条件を満たすセクターを発見次第船を派遣し、今では採掘船は四隻まで増加。
うむうむ、いいぞ。営業マンの私に手を動かす船員たち。段々エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社も会社らしくなってきたじゃないか。
我々が採掘した資源を加工し、それらが巡り巡って誰かが乗る船などになって届く・・・。この世界の一員になったような気がしますねぇ。

今回いっぱい探索していくつか分かった事があります。
まず1つに抑えておきたいのはこの世界に存在している国のこと。
上のマップ画面の各セクターの枠の色が異なっていますが、それぞれの国が治めているセクターにはその国の色の枠となっているようです。

我らが人類青色水色。二つの色があるのは同じ人類でもアメリカとイギリスみたいに統治している国が違うようです。

黄色い枠はテラディカンパニーという国で企業が超巨大化して1つの国になった企業国家。見た目はトカゲいつしか高速サンドフィルターのパシリやらされた時の奴。

そして紫色がパラニドという国で三つ目の逆関節が特徴的な種族。宗教国家で3つである事が神秘的な象徴らしい。
続いてピンク色は教皇の聖騎士団という何か中二病チックな名前の国。先ほど紹介したパラニドとは同じ種族なのだが信仰のズレから分裂してしまい現在内戦が勃発している。

そして最後の赤色・・・こいつがまた超やばい。ゼノンと呼ばれる機械文明で全有機生命体を抹殺しようとしている一切話が通じない国家・・というか国かどうかすら怪しい。このゼノンについては色々バックストーリーがあるようだが調べた感じ昔人類が惑星をテラフォーミングしようと機械に高度な人工知能を持たせて送り出したが気が付いたら謀反起こしてきて地球をテラフォーミングして荒廃化させようとしてきたから迎撃したんだけど気が付いたらすげー自己増殖し始めて誰も手がつけられなくなったとかそういう感じらしい。
悲報、我が人類さん、宇宙規模でご迷惑おかけしてました。

他にもテランとか別の国もいるっぽいようだが現時点で位置は把握していないので一旦割愛。

各国の関係としてはピンク色の教皇の聖騎士団は全世界に噛みついていて人類にもテラディにも、そして当然内戦中のパラニドに宣戦布告を仕掛けている。自分以外全員に宣戦布告してるだけのただのマジキチ狂犬やんけ。

赤色のゼノンも当然有機生命体絶対ぶっ殺すの信念で動いているので全世界と敵対中。
それ以外では水色のアンティゴネとテランが謎の戦争中だが今見えてるマップの範囲としてはとりあえず赤色とピンク色が世界中と戦争中といった感じだ。

なおプレイヤーである私の関係はピンク色の教皇の聖騎士団が-15で最初から嫌われているが攻撃されるほど嫌われている訳ではないようだ。ステーションに着陸はさせてくれないが仕事の依頼はしているので関係を改善させて仲良くなることはできそう。将来的に顧客となる可能性はある。
一方赤色のゼノンは-30のぶっちぎりでかつ話しすら出来ないので絶対に関係改善できない模様。奴等の目的は自国の繁栄とかそういうんじゃなくて利益度外視の「生物絶対コロス」の理念に基づいて行動する暴走AIなので完全な蛮族ポジション。



MODを入れる必要はあるがどの国がどの国と仲良く、または敵対してるか確認可能。
-10〜-19まで関係が悪化すると交易を拒否し、-20を上回ると戦争状態になる模様。こうやってみると人類が統治するアルゴンはピンク色の教皇の聖騎士団に加えてジアルスの族長、テラン、ヤキとも戦争状態のようだ。なんだこれ、結構人類喧嘩売ってんな。ちなみに何故か国として認められてる我がエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社との関係は+5でございます。仲良くしよう!!そして最後に裏切ろう(やめろ




これもMODの影響だが各国の関係は時間経過で変化していく。なんかアルゴンがテランに大して「お前の国解体せいwww」って発言して全面戦争に突入した模様。何やってんじゃ人類・・・。
なおMODがないデフォルトの状態では国家間の関係は滅多に変動しないみたいで基本ずっと固定らしいのですがCivlizationやStellarisを沢山遊んできた私としてはそんなにつまらなさすぎるので許容・・・っというかそうしたいがためにあえてそうさせています。だって固定だったら何度プレイしなおしても同じ遊びになっちゃうしねぇ・・・。

とにかく今後は各国の政治状況や戦況についてある程度目を配っておいた方が良さそうです。
戦争が起きていてかつ激しく戦いあっているのであれば当然戦闘艦が多く必要になるでしょうし撃沈されればその分補充しなければなりません。
そうなるとかなりの資材を必要とするはずですので採掘船の派遣による収益増加が見込めます。逆に平和な国に採掘船を派遣しても需要が少ないせいであっという間に買い入れオファーを満たしてしまい利益が見込めないといった状況になりそうです。

経営者として今採掘船をどこに派遣すれば一番儲かるか、的確に見極めていきたい!( ー`дー´)キリッ

というわけで今日はちょっと短いですがここまで。スクショも文字ばっかりでなんだか地味ですが遊んでいくうえで国とその外交関係は知っておくべき重要なことでしたのでちょっとまとめた次第です。以上!


11/12



前回はマップ画面の各セクターの色ごとに統治している国が異なっている事と各国の外交関係について確認しました。
戦況的にどっちが優勢か劣勢かはログブックからニュースの項目に絞ってみると「〇〇が〇〇を攻撃しています」「〇〇は〇〇セクターから撤退しました」などが表示されるのである程度は様子を見ることも出来そう。
現時点ではまだ起きていないがそのうちセクターまるまる占領されてさっきまで青色だった所がピンク色とかになったりするのだろうか?いつかわが社も領土を持ちたい所である。実質建国。




ちなみに会社の経営としては採掘船が大いに活躍しており10分間隔で10万以上のクレジットが入金されている。現在動かしている採掘船は全部で5隻程。
うひょひょひょ、最初の宇宙ブルーワーカーで数万貰って喜んでいたのが嘘みたいな実入りである。オラオラ、もっと働け!(ジェスター化

「お前も働くんだよ。」



アッ、ハイ・・・・(ブルーワーカー化

みんなが一生懸命働いているんですからね・・・。私も働かないと不公平って奴ですよね・・・ハハハハ!(なら給料払え。
上のスクリーンショットは人工衛星が壊れそうだから修理してくれという依頼の様子。船外活動でリペアレーザー射出して修理しています。
このリペアレーザー船に取り付ける事はできないんですか?



そんなこんなで各依頼をこなし続けていたところ突然変わった効果音が鳴り響き上記テロップが表示された。
どうやら依頼を達成し続けた事でアルゴンという人類が暮らす国との関係性が+10を超えたことで代表者に招待されたようである。
関係は依頼を達成する以外にも交易することでも上昇するようです。採掘船をアルゴンにそれなりに展開していたので鉱石売却等による関係性向上もそれなりに影響があったみたいですね。
いや〜〜〜私も影響力を持つようになってきたって事ですかね〜〜〜〜。ドーモ、エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社のワシです。わが社の資源提供はお役に立っておりますかな?ホホホホ。


アルゴン代表
「これまでの活躍を見させてもらった。君の功績を称えよう。」









称える気が微塵も感じられない。


どうみても蔑んでる顔である。


やっぱ白い悪魔は恐れられているんですねぇ。恐れられてるっつーか信用ならねーっていうか。

ちなみに報酬の内容はランクの付与でした。はて、ランクって何じゃって調べてみたらどうやら軍用ライセンスの発行らしい。
そういえば確かに偵察船のペガサスを買おうとしたとき戦闘機は軍用ライセンスがないと買えないって出てきてたな。
これでアルゴンから船を発注する時に軍用機も購入できるようになったという訳だ。
ただしこれは小型中型までて大型特大型はこの更に上のランクになって発行されるライセンスを持っていないと発注できないようだ。
一定の影響力を持つには必然的に軍事力も持ち合わせねばならないがその軍事力を持つには今の時点では特定の国にすり寄る必要があるということだ。
いつか自前で戦闘機とか作れればいいんだがな・・・・。



ちなみにランク付与の恩恵はそれ以外にもその国が持つ設計図の購入が行えるようになるようだ。
各宙域にある宇宙ステーションは工場の役割を持つ者もあり、実際採掘船で採掘しているシリコンという資源はシリコンウェハーという施設で生成され次の素材に加工されていっている。
つまりここで必要な設計図を買えば自分で宇宙ステーションを建造し採掘船で確保した資源を加工して売却などといったことも出来るようだ。
いいぞぉーーますます会社経営らしくなってきたじゃないか。まぁ今設計図買うお金なんてないんですけどね・・・。

正直今はまだ溜まったお金で採掘船を追加で買って他国に売り飛ばす方が良さそうだ・・・。




ちなみに+10を超えた国はアルゴンだけでなくパラニドというセクターの枠の色が紫色の国も超えた。
パラニドには日ごろからこちらもお世話になっており今乗ってる偵察船ペガサスや採掘船は全てここパラニドから購入している。
パラニドの船はどういう訳か滅茶苦茶船速が早い。テラディとかいうトカゲの国の船と比べると倍どころか三倍くらい差がある時ある。
船によって詰める荷物の積載量とか違うのだが流石にここまで船速に差があるとパラニド一択と言わざるを得ない。へへへ、三つ目のエイリアンさんコンゴトモヨロシク・・・

我がエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社に軍用ライセンスが発行された所で本日はここまで!


11/19



前回のあらすじ。アルゴンとパラニドに貢献した功績が認められランクを付与された。
人類種族のアルゴンの代表はどうみてもこちらを蔑んだ目だった。もしかしたらパラニドもなんだこいつ・・って思ってたのかもしれない。
零細企業というのは常に足元を見られ軽く扱われてしまうのだ・・・オヨヨヨヨ。
この事をうちの白い悪魔の社長に伝えたら「なんだとーー!!今すぐ契約を打ち切り宣戦布告だー!ドシンドシン」とか言ってくるので何卒ご内密に。

「ドシンドシン」

ヒエッ、すみません・・一生懸命働いて見返してやります・・・。



更なる収入源を獲得すべく同一セクター内に採掘可能な資源とその資源を求めている宇宙ステーションがないか探します。
これまでは宇宙の高速道路とも言えるハイウェイ沿いとその近辺を探索していましたが今回は大きくハイウェイから外れて上側の方へ進んでみました。



スペクタルな光景・・!美しい・・・
って言いたい所だけどなんか超新星爆発の寸前みたいな光景なんですが大丈夫ですかここ?
宇宙規模の超自然的現象に目を取られがちですが個人的にはこの宇宙ステーションにも目を取られる。



赤いっ・・!!赤くてトゲトゲすてる・・・!!シャア専用宇宙ステーションっ・・・!!(違

個人的にはとてもカッコイイ。凄い。いかにも宇宙世紀時代、ガンダムのネオジオンとか逆シャア辺りに出てきそうなデザイン。むしろこれは宇宙ステーションではなくモビルアーマーなのでは。
1個人としては大絶賛な宇宙ステーション。これまで出会ってきた各種族とはまた異なる種族が統治しているようでスプリットと呼ばれる種族が統治しているようである。ここにきてまた新しい国の登場か。
ただどういう訳か異様に嫌われており教皇の聖騎士団と同じく-15の状態。撃たれる事はないがドッキングは許されていない状態。

しかしこれまで数々の依頼をこなして来て分かったことが一つある。各宇宙ステーションでポケっ〜〜〜〜としてるとふらっ・・とどこからともなくその宇宙ステーションから犯罪者が乗るドローンが出てくることがある。
そのドローンはその宇宙ステーションと敵対関係にあるため撃ち落とすと関係が改善していく。つまり-15くらいの嫌われ度であればちょっと犯罪者を狩ればすぐ-9までは持ち直しドッキングが認めらるようになる。
ここまで来れば後は採掘船を派遣して交易を行えばあっという間に仲良し。僕たち宇宙のマブダチさ!!こんなカッコイイ宇宙ステーションを作る種族とはぜひ仲良くしたい。

ササッと犯罪者を成敗して友好度は-9まで改善。これで着艦できるようになって依頼もスムーズに受けられるように。
さっそく依頼を受けてみよう!!!!



ふむふむ。

えーっと、なんですかその片言な喋り方。

オデ オマエ クウ みたいなむっっちゃ片言な文章で話すやん君。

まぁまぁまぁ、あれだ。異種族なんだからこちらの言葉に精通しているとは限らない。
そもそもコミュニケーションが取れるだけ大したものなのである。言葉の操り方は関係ない!


さぁ、スプリットさん!!どんな見た目なのか見せてください!!!























うわあああああああああああああああ





何であんなカッコいい宇宙ステーションにこんなドぐされ妖怪ババァが!!?(超失礼



なんだこいつ三つ目とかトカゲより遥かに恐ろしいんですけど。

こんなおぞましい見た目してるのに声だけ
「はっろぉ〜〜?」ってすっげぇ色っぽいギャルの姉ちゃんみたいな声色で話してくる。ガン萎えするからやめろ(超超失礼



こんな見た目なら依頼分に 「スプリット スグソコイク オマエ ツレテイケ!!」なんで片言文章になるのも納得である・・・。ああ・・・こいつらの顔見てからこの無骨のデザインも芸術的なカッコヨサではなくまともに宇宙ステーション作れなくてギザギザになっちまったんじゃないのかと疑わずにはいられない。

と、とにかく・・・。
エンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社を大きくしていくうえで顧客を増やすのは重要な事。依頼をさくっとこなし続け、あっという間に友好度は+10まで改善。
なんか依頼の中に宇宙ステーションに群がる犯罪者をしばけというものがあるのだがこいつがやたらと友好度が増える。この依頼を見つけたら積極的にこなしたい所だ。

スプリットの派閥代表から「君に報酬を与えよう」という案内が届く。
前回と同じくランクの付与だろう。恐らくこれでスプリットの戦闘機を作れるようになったと思われる。

・・・・とりあえず代表に会いに行ってやるか・・・・。


スプリット代表
「会えて嬉しいよ」
















本当に嬉しいと思ってんのかこのハゲェ!!(ハゲてない


つーか派閥の代表って軒並みステータスが優秀だったんだがこのスプリットの代表は士気がやたらと低い。なんだこの「俺・・・なんでここで働いてんのかな・・」みたいなやる気を失った人間は。ブラック企業に勤める中間管理職か。

宇宙ステーションから感じた第一印象がどんどん遠ざかっていく・・・。



ともあれ貴重な交易相手なのは事実。このスプリット(正確にはジアルス族長という名前の国。スプリットは種族名)が確保している領土には数多の資源にその資源を求める宇宙ステーションが同一セクターに集約されていたためかなりの利益が見込まれる。すかさず各種採掘船を建造して派遣。新たな収入源を増やすことに成功した。
何か色々疲れたな、本日はここまで。



11/26


前回のあらすじ。ジアルス族長という新たな国家を発見し、そこにあるかっこいい宇宙ステーションには妖怪が住み着いていた(超失礼
あの後ゲーム内ウィキペディアや各種情報を読み漁っていたのですがこのスプリットという種族は部族性らしく好戦的で戦いに参加する事が名誉と典型的な蛮族国家だった。
スペースモンテスマにスペースズールーまで現れちゃこの宇宙はもう終わりですね(Civ脳



その後は右側の方を探索。自由部族というこちらも同じく妖怪スプリット種族が収める国だが先ほどのジアルス族長とは異なる国家なようだ。
こちらもパラニドと聖騎士団と同じようにいわゆる内戦状態のようだがあちらと違って統合に向けた話し合い?状態にあるらしく敵対気味だが戦争まではしていないようだ。
探索ついでに資源採掘と売却が行えそうなセクターを発見したら採掘船を新たに発注しては派遣しています。



しかし採掘船が結構増えた事で収益が途端に爆増している。この間まで4万クレジット貰って「うー☆」とか言ってたのが嘘のようだ(言ってない

「うー」

無視。

流石に700万クレジットとか溜まってきたら何か次の事業に手を出してもいいような気がするな?



っと、考えてた時なんか宇宙ステーションでバチバチ光る火花みたいなものをスキャンしたら変な生物から通信が入った。
なんだこのゆるきゃら作ろうとして失敗したような奴は(超失礼
奴の名前はボソ・タ。どうもスプリットに捕まってて兵器開発の手伝いをやらされているらしい。スプリットさんどこまで蛮族なん?
一応研究者らしく自分で研究したい何かがあるらしいのだがここにいると全然研究出来ないから助手やってくれないか?とのことである。まぁ探索に一区切りついた所なので手伝ってやってもいい。しかし珍しくストーリー仕立てのミッションである。



承諾した後は言われるがままに行動。具体的には宇宙ステーションに何故か転がってるセンサーを身に着け・・・



指定されたエリアへ向かえと言われたので向かったらアノマリーと呼ばれる謎の空間に導かれた。
うお、なんだこれ。ここに飛び込めって・・・。本当に飛びこんで大丈夫なのか?もう爆散してGAMEOVERになるのは嫌だぞ。

意を決して飛び込むと・・・・。



ん?見覚えがある場所だなここ。



マップを開いてみると既に探索済みのエリアだった。あ〜ここは例の宇宙版山手線スーパーハイウェイの内側にある宙域か。確かスプリット種族たちがいる宙域に行く前に既に探索した場所だったな。帰る手間が省けて逆に助かる。
さて、ここからがちょっと単調が話しが続いたので少しダイジェスト形式がお送りします。
この宙域へテレポートした後は人工衛星やら資源プローブやらを指定のエリアへ設置しろと言われたので設置します。これらは船を買った造船所で備品として販売されていました。
言われた場所に設置するとボソ・タが「ここなんか怪しいで!徹底的に調査するぞ!失敗したら銀河1つ吹き飛ぶかもしれないけど男は度胸」とかさらっと言い出す。失敗したら南の銀河をスーパーサイヤ人が襲い掛かった時みたいな惨状になるのか・・。ナァンナァンダァイマノハァ・・・

して、その徹底調査とは船に反物質セルを三つ搭載して指定の宙域に停泊させろというもの。
なおこの時船は爆発して消し飛ぶから気をつけろよとの事。おいおいおいおい。

流石にこの新しく買った偵察船ペガサスを吹き飛ばすのは勿体なさ過ぎる・・・・。採掘船を吹き飛ばすのもなぁ・・・・。
っと考えてたら一番最初に乗ってた船がずっと暇してたのを思い出したので・・・。



初期船に反物質セル三つ積み込んで指定の宙域へ停泊。その後宇宙服を身にまとって船外へ脱出。予めペガサスを近くに置いておいたのでこの後すぐペガサスに乗り込んで脱出。
ちなみに反物質セルは反物質セルを作る工場として稼働していた宇宙ステーションから購入した。鉱石の売買とかと同じ要領でした。

さぁ、船は置いたぞボソタさんよ!

ボソ・タ
「OK、んじゃ反物質セルに負荷与えて爆発させるで〜〜〜〜」



カッ!!




うおおおおおおおおおお


サヨナラ!!我が旅立ちの船よ!!!


なお、爆発した船に雇った奴乗せてた事すっかり忘れてて船と一緒に爆散してしまった。

←こいつ。

俺は悪くない。(100%悪い



して、爆発の後に待ち受けていたのは謎の巨大な宇宙ステーション・・・!!

なんだこれは・・・?
ボソタが近づいて調査しろというので近づいてみたところ・・・・







ボソタがハッキングして我々のものにした。
突然ですがエンパイアステートビジネスジェスターカンパニー社所有の宇宙ステーションが1つ爆誕しました!!


正直新しい事業をそろそろ始めたいと思っていたから宇宙ステーション一個手に入るのはありがてぇ・・!!
ただこの宇宙ステーション、まだ何も施設がくっついていない状態なので他の宇宙ステーションのように鉱石を加工する製錬金属施設などを置きたければそれらを作らないといけないようだ。宇宙ステーション1つ手に入ったといえば聞こえはいいが実際はただの置物状態ということですな。

ひとまず長くなってしまったので本日はここまで。楽しくなってきたじゃないか。次回からはこの宇宙ステーションにsatisfactoryのように生産施設をくっつけていきたいものである。


戻る