■過去ログ

2019年

10月(今ここ)

9月

8月

6月〜7月


■備考
この記事執筆時のStellarisのVerは2.3.1です


最後の更新にジャンプ 


10/2

今日から10月に入りますのでまた新しいページにしますー。
過去の内容を見たい方は上の過去ログからお願いしますー!

さて、さて、

少し昔の回で海賊に資源を渡してグロナプランを襲撃してもらうようにお願いしたと思いますが・・・。



その結果が返ってきたようです。どうやら無事(?)略奪に成功したようでそれなりの被害を相手に与えました。
少なくとも人口4は消えるので内政的には結構厄介なダメージです。

「海賊の正しい有効利用ができたというわけだ。」

海賊に金払ってけしかけるとか現実で考えたらテロリストに金銭渡して襲わしてるっていうめちゃくちゃ非難あびそうな行動なはずなんですがねぇ・・・。

ところでテクノロジーの研究が進み、ついに宇宙港をアップグレードさせることができるようになりました。



アップグレード費用を払ってさっそく強化します。どこかで話したかもしれませんが宇宙港もとい星系基地は序盤ですとコストの割には戦闘力が非常に高く防衛戦力としてとても優秀です。

「スラスターつけて突撃できるようにしよう!」

これは移動要塞じゃない。
とまぁ着々と防錆戦力と戦闘用のコルベットの増産に取り組んでいますがここで大きな固定イベントの登場です。



すべての通常文明を発見すると発生するイベントの一つです。
これまで資源の売買は国内市場に対して行っておりましたが今後は全部の文明が利用する銀河市場を介して資源を売買しようというお話です。
銀河市場が登場した後は国内市場を利用することはできなくなります。

「これによってどう変わるのさ。」

まず資源価格の変動が激しくなります。これまでは国内市場なので利用するのは自文明だけなので自分が購入/売却しない限り価格変動を起こすことはなかったのですが今後は他文明が資源を売買しても価格が変動するようになります。
これがメリットになるかデメリットになるかはプレイ次第ですが・・・例えば他文明が鉱石をたくさん必要として4文明が大量に購入していたとすると鉱石の価格が跳ね上がります。この状態で自文明の鉱石が余っていれば売却することで通常より高い金額で売ることができるのでエネルギー通貨に余裕が生まれます。
逆に戦争が始まって合金をたくさん必要としているのに他文明も合金をたくさん買っていると通常よりかなり高くなるのでまとまったお金を用意してもちょっとしか買えなくなったりします。

「まぁ需要が高ければ高いほど金額も高くなるよーって話ね。」

そうです。で、ここからが重要なんですがこの銀河市場をどこの国が管理する?っていうのをこれから決めます。
もし自文明が選ばれれば手数料が-10%されます。もし1万通貨分の資源売買をしたのであれば9000通貨でOKになります。

「直ちに名乗り上げよ!!!」

そういうと思ってました。ただし名乗り上げるのにお金がかかります。



ディシジョンから「銀河市場の中心に推薦」っていうのを選択すれば選ばれる可能性が高まります。
一回目は1000エネルギー通貨と100影響力でいいですが、二回目は3000エネルギー、3回目は5000エネルギーと高くなっていきます。影響力もその都度消費します。
これは3回までしか繰り返し行えないのですが推薦すればするほど自文明が選ばれる可能性が高まります。

「選ばれる可能性が高まるってことは3回やっても選ばれないこともあるのね・・・」

そうです。推薦した回数も大事ですが自国の経済がどれだけ発展しているかも選ばれる確率に影響します。
残念ながらジェスター帝国の経済はとびぬけている訳でもないので選ばれる可能性は・・・まぁ低いと思ったほうがいいでしょう。

「ありとあらゆる不正手段を用いてでも当選せよ!」

一国のリーダーが不正手段とかいっちゃだめ。
とりあえず全資源を使って推薦しておきます・・・。それでも二回しかできなかった。これで選ばれなかったただお金をドブに捨てただけ。

「その時は・・・わかっておるな?」

ひえ
続く!!!!


10月7日


前回のあらすじ。

銀河市場の推薦を行った。選ばれれば長い目でみれば数万以上のエネルギー通貨の得が見込まれる。

「偉大なるジェスター帝国の経済は今は平凡でも将来は黄金都市になりえるほどの潜在力を持っている。選ばれない訳が・・・」



残念!ミトロンが銀河市場を管理しまーす!

「銀河市場もろとも滅ぼせ!!

やっぱりただの蛮族じゃないか。
残念ながらエネルギー通貨4000と影響力200は消えました。

「ではこれより貴様の死刑遂行を行う。」

ファーーーーー!!!!


・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・


二代目ワシです。よろしくお願いします。

「頭おかしい・・・」

微妙にジェスターには言われたくない。

残念なお知らせから始まってしまいましたがここからは朗報タイム。



シン襲撃団と国境を接していますが、そのシンが同士討ちをしていたらしく国境を越えて我が領土内に戦闘しながら侵入してきました。
追われていたシャトルは損傷しており乗組員も全滅。しかしそのシャトルからはエネルギー通貨が大量に積まれていました。
状況から推察するにおそらくエネルギー通貨を持ち逃げして悠々自適な生活を送ろうとしていたのでしょうがバレて追われていたといった所でしょうか。
相手が正式な国であれば返還するのが筋ですが法の効かない無法国家なので返す必要はありません。この500エネルギー通貨は我々のものです。

「たまには良いイベントもあるのね。」

海賊と国境を接していると通常より困難なプレイになる代わりにある程度はこういう救済イベントが発生したりします。
まぁそれでもマイナスのほうが多かったりはしますが・・・・。

ひとまず次の報告に移ります。

さて、このイベントを覚えていますか?



「あー、あったね。」

あれからもう42年と3日が経過しました。

「まじか・・・私もおばあちゃんだ・・・」

【悲報】ジェスター、BBAになる。

「うそでーす。ジェスター種の寿命は某吸血鬼に劣らない。」

その某吸血鬼の寿命も実は501年かもしれない。

「そんなわけないでしょ・・・」

話を戻します。ついに原子時計のカウントダウンが0となり何かが起きたようです。

「爆発しないよね・・・どきどき。」



突如時計から自己複製ナノマシンの群れを吐き出し、とある惑星の表面を覆いつくし高度な計算ネットワークを構築したようです。
ただネットワークは即座に停止してしまったらしく現在稼働していない上に知性もないようです。
一体何の目的をもってこのようなことをしたのか見当もつきませんがそのネットワークは我が国の技術レベルをはるかに凌駕するものであり研究対象として非常に有効な存在となっています。




なんと工学研究が+10。これはかなりの幸運です。これ一つで自国の工学研究の1割を担います。

「おぉ・・すごい。ところでこれって42年待てば必ずこのイベントが起きるの?」

いえ、確か4つのイベントがランダムに発生したはずです。私の知る限りではこの時計から敵が湧いて出てきた事もあったのですがあんまり多くは見ていません。
この工学+10は初めて見たのでプレイしてた時は思わず「まじか」ってつぶやいたほどです。

「素晴らしい。気分がいいので死刑はなしだ。」

いや、もう死んだんですけど。なにいってんだこいつ。

「なんだその言葉遣いはーーー!!死刑!!!!!」

ファアアアアーーーーーーー!!!!


10/9


前回のあらすじ。二代目ワイが死んだ。

「もっとマシなあらすじを言って。」

はい(
前回のあらすじ、銀河市場の推薦は落としてしまったが、隣接していたシン襲撃団からエネルギー通貨を、そして原子時計からは大きい工学研究ポイントを得られた。
国内の基礎能力は徐々に高まっていますがそれでも外交関係をいかに乗り切るかがStellarisの序盤の難しい所です。
さっそくですがイマリから外交メッセージが届いています。

「イマリは確か唯一仲良く出来てる所だったっけ?あと集合意識の。」

そうです。

「やっと不可侵条約結ぶ仲間ができたかな?」



「なんでじゃあああああ!!!!」



「仲良かったんじゃないの!?騙したね!?」

いえ、仲良いはずです。



実際関係は+50でして普通でしたら不可侵条約結べてもおかしくない友好度です。
この好感度で国境閉鎖されたのは初めてです。ジェスターの何がいけないというのか・・・。

「ジェスター帝国に併合されることで繁栄の未来が約束されるというのに・・・」

それが原因だ。
その一方で。



ラヴィスとヌカヌリが不可侵条約を結びました。
二大大国が手を取り合うという展開なのでちょっと困ります。お互い足を引っ張ってくれないと追いつけなくなる恐れが・・・。

「途中でジェスター帝国が滅んだときは・・・わかっているね?」

話題そらさなきゃ・・・(
はい!ここでビッグニュース!



イマリがヴァルートに宣戦布告!!

「おお。」

「あれ?そういえばグロナプランってヴァルートと防衛協定結んでなかったっけ?」

結んでいます。なのでイマリは宣戦布告と同時に敵から挟み撃ちされた形になります。よほど自身があったというのか・・・。
ともかく、グロナプランが再び戦争することになったのでこの状況でジェスター帝国を攻めに来ることはないでしょう。
しかしこのまま傍観していてもラヴィスがかなり拡大しているのでじり貧になりそうです。真面目にどこかで侵略を検討したいです。

「素晴らしい検討だ!!!」

ジェスターは北朝鮮並に危険すぎる輩だ
本日はここまで!



10/16


ここ最近テクノロジー関連についてはあまり話題にしていませんでしたが、裏では研究が進んでいます。

「良いぞ良いぞ。してテクノロジー関連で何か良いもの研究した?」

これから重要なテクノロジーの研究に入ります。



この惑星整形というテクノロジーが非常に重要なテクノロジーでこの研究が完了するとテラフォーミングを行えるようになります。
これまで乾燥型惑星だったり極寒型惑星とか人類には適していない惑星は入植出来ていなかったのですが、このテラフォーミング技術によって人類が住める大陸型惑星に作り直す事が出来ちゃいます。コストとしてエネルギー通貨を3kぐらい消費しますがそれに見合うだけの効果があります。

「私の目的はエネルギー通貨を大量に集めて大金持ちになる事なんだけど、そのエネルギー通貨はどうしても手放さなきゃいけない?」

ジェスターの目的とゲームの目的が全くマッチしていない。
現状ただでさえ国境が狭くて四苦八苦しているんですからこの出費ぐらいは我慢してください(

っと、ここで再びニュースです。

「ん?」



ラヴィスがミトロンに自発的に宣戦布告しました。
ミトロンは国境が分断されていることもあってミトロン側の敗北は確実です。

「ああ可哀そうに。私には関係ないけどまぁ骨は埋めてやろう。安心して滅ぶが良い。」

実はこれ、かなり困った展開でして・・・。
ラヴィスがこのままミトロンを攻め滅ぼしたとしたら今あるミトロンの領地はそのままラヴィスのものとなるわけですが、そうなるとラヴィスとジェスター帝国の国境が隣接することになるんですよね・・・。
で、当然ながらジェスター帝国はラヴィスと戦えるほど今国力がある訳ではなく、さらに嫌われているので情け無用に侵略してくるはずです。そうなっては滅亡待ったなし。

「こらぁーーミトロン!!もっと気合入れろ!!私の許可なく勝手に滅ぶな!!」

この掌くるっくるよ。
真面目にタイムリミットが迫ってきています。急いで対抗戦力を築き上げたいです。

「もっともっと軍拡しなさい。」

ところがですね・・・。



その軍拡も作れる限界まで建造が完了しています。右上に宇宙軍許容量という文字が見えると思いますがこれが今ジェスター帝国で保有できる艦隊戦力値を示しています。
船によってカウント数が異なるのですがコルベットは1で今すべてコルベットを建造しているのでコルベットが32艦建造されていることになります。
これよりさらに建造することも出来ますがそうなると維持費が激増しそのまま経済が傾きます。

「それも困る。どうにか上限引き上げられないの?」

星系港のモジュールに泊地とよばれるものがあります。これを建造することで一つあたり宇宙軍許容量が+2されることになります。



例えばこの星系港はモジュールが4つありますので仮に泊地を4つ作成すれば宇宙軍許容量が+8されるわけですね。現時点ですでに二つ作っていますが更に泊地を作って上限数を伸ばしていきます。
実はこの泊地がかなり重要で最終的には重要ではない星系でも宇宙港を作ってそこに泊地を載せて上限数をどんどん引き上げていく形になります。
この数がそのまま国の強さに直結します。ただし維持費はかかるし上限数が引きあがる以外に効果はないのでただただ支出だけが増えるモジュールです。経済の強さに見合わないだけの数を建設してしまうとどうしようもなくなる時があるのでこれまた注意が必要です。

「ただ作ればいいってわけじゃないのね。難しいなぁ。」

ちなみに宇宙港は国境の広さに比例して持てる数が異なります。当然ながら我が国とラヴィスとでは所有できる宇宙港の数には相当の差があるでしょうし向こうもまた泊地を作っていると思います。
そうなるとこちらが限界まで艦隊保有していたとしてもそれを優に上回る数の艦隊が来られることになり・・・。
ちょっと先行きが怪しい状況ですがうまく乗り切れることを祈りましょう。


戻る