■過去ログ

2020年

2月(今ここ)

1月

2019年


11月〜12月

10月

9月

8月

6月〜7月


■備考
この記事執筆時のStellarisのVerは2.3.1です


最後の更新にジャンプ 


2/3

新しい月になりましたのでいつもの如くこれまでの内容を過去ログに移しました!過去の内容を見たい方は上のリンクからどうぞ〜〜。

して、本編の方ですが・・ジェスター帝国と一緒に便乗宣戦したミトロン。何故かぼこぼこにされて大いに領土を失って敗北。

「もしかしてさ、ジェスター帝国に全然反撃なかったのはミトロンにずっと攻撃してたから?}

その可能性も正直あるような・・。うちが攻めて失われた分よりミトロンいっぱい奪おうとしたのかもしれない・・。
周りにそれなりの弱小国が固まっているのは吸収しやすいということを考えればラッキーではあるんですがすぐ隣に最強帝国のラヴィスが狙いを済ませているのがかなり気になる所ですね・・・。
そんな仲間にしたらこれほど心強い国を裏切る真似した輩がいるのですが・・・。

そんな輩がまた何かやりました。



今度はヴァルートとの移民条約を破棄。当然こういう条約を破棄するとマイナス感情がつくので孤立を意味します。
グロナプラン、弱小国に転落しているはずなのに自らどんどん孤立していく。

「こんな世界に混乱を招く国は亡ぼす必要がある。ジェスター帝国が責任もって統一しよう。」

本音駄々洩れ(
でもグロナプランは来る脅威に備えて吸収しておきたいので・・・



請求権飛ばしておきましょう。
請求権で消費する影響力は自分の国土から遠ければ遠いほど高くなるのですが良い感じに奥まで食い込んでるので安く主張できます。

「冷静に考えると完全に軍事独裁者だよね。」

今更気づくか。
全体的に見るとジェスター帝国はそれなりに後進国なので何とか追いつきたい所・・・。一応グッドイベントは続いています。



シン海賊の国境の近い星系で資源保管庫を偶然見つけたとのことです。それなりのエネルギー通貨と鉱石が入っていて割かし嬉しいイベントです。今となっては一か月でもう手に入る量ではありますが貰えるものは何でも嬉しい。
今回はここまでですが・・・次回いよいよあの時を迎えます。

「ゲーム勝利!?」

それは早すぎる。


2/5

最初に謝らなければいけないことが。

「許さん。」

ファアアァァァwww
いや、前回いよいよあの時が来ましたと言いましたけれど、その時はもうとっくに過ぎ去っていました。

このイベントを覚えていますか?



「あぁ、あったね。正確な時を刻みながら何かを待っている爆弾。」

爆弾じゃありませんって。
すっっっっっかりこのイベントの事忘れてまして・・・。ここに掲載するの忘れてました。しかも挙句の果てにスクショまで取り忘れる始末・・・。

「この一大イベントを忘れるとは何事かーー!!死刑!」

ファァァァ!!!


・・・・


三代目です、よろしくお願いします。

「一家根絶やし。」

罪が重すぎる。
してそのイベントですが・・・。その物体は42年後を迎えた瞬間近くの衛星に取りつき自己増殖を始めました。その後、なんとかネットワークを形成したところで動作が止まったのですが工学的に非常に有益な研究対象だったらしく毎月工学の研究ポイントが+10されるボーナスがつきました。これはかなりでかいです。

「ほぉ、素晴らしい。気分がよくなった。死刑は取りやめにしよう。」

もう殺されてるゾ。二代目を返せ。
ちなみにこのイベント、結果はランダムで他にも三つのイベントパターンがあります。今回はグッドイベントでしたが中には帝国に仇名す存在になったりデメリットを与えるイベントに化けるときもあるので不確定要素を取り除きたければ爆弾だと言い張ってその場で解体しちゃうのも結構ありです。割とシャレにならないバッドイベントが一つ内包されているので・・・。

ちなみに他にもイベントが発生しています。良いイベントは続くもので



入植した惑星で強力な磁場があるのですがそれがコンピューターに影響を与え始めました。ところがこれが良い影響を与えていて60か月の間研究速度が+20%される神イベントが発生しています。

「これぞジェスター神のかご・・・。」

自分を勝手に神格化しないように。ちなみにこれ技術先進国だと発生しないイベントだった記憶です。神がいるとするなら「おめー後進国でこのままだと負けっぞ。ボーナスやるから頑張れや」って言ってるようなイベントです。高難易度だとほぼほぼ見るイベントでもありますが。

ただまぁ・・・せっかく研究力の上がる神イベが入ったんですが・・・



この惑星、まだ入植したばっかりで研究所もないので何一つ研究力上がっていないんですよね。はい、意味なしです。


「神つっかえ!!」

自分の神じゃなかったのか?

「あん?」

いかん、このままではまた殺される。本日はここまで!!!



2/6


引き続き内政タイムなのですがここにきてうるsさい連中らがついに出現しました。

「うるさい連中?」

以前派閥について説明したと思いますが・・・。
ゲームを始めた当初はプレイヤーが選択した志向に沿うような市民が多いので味方の派閥しかいませんでしたが、グロナプランを統一したことでいろんな派閥の市民がジェスター帝国に流入し、
更に奴隷制度を引いてもいるので奴隷化されてる市民は平等主義を好むようになるので反体制派みたいなのが出来上がります。
権威主義は序盤影響力が手に入りやすく奴隷制度もあるおかげで出力も高いので非常にスタートが強いのですが中盤になるとこういった連中らが出てきて市民の幸福度が下がり始めるのでここから難しいかじ取りを迫られます。



今回出現した派閥は異星人自由院外団と名乗る派閥です。なんかめちゃくちゃに感じるけど上にある騎士団とか従順市民党とかヤベー派閥よりかは全然マシなんだよなぁ。
この派閥は異種族と友好関係を築くことを強く訴えており、友好を築く必要がある関係上間接的に平等主義を訴える派閥でもあります。
例えば異種族奴隷化反対はもう名前の通り異種族を奴隷化すると酷く怒ります。

「グヌヌヌ。」

「ちなみに自国民を奴隷化していた場合は?」

怒りません。

「こいつらは敵国の回し者だぁ!!!即刻死刑にせよ!!」

正直他国に優しく自国に厳しくって一時期の日本の意味もなく韓国に譲歩し続けるあれに似てて気持ち悪いなって思うのは事実ですよね。かなり謎の派閥ではあります。

「ところで間接的な異種族研究も赤になってて怒ってるみたいだけどなにこれ?」

銀河にはまだ宇宙進出出来ていない原始的な文明も存在しており、そういった惑星に対してどう接するか決める方針の部分です。
積極的調査と消極的調査があり、積極的はもうその文明をキャトったり時には堂々と目の前に現れて調査するぐらいの勢い。一方消極的調査は彼らに干渉することなく遠巻きに生体を観察する調査です。前者の積極的調査の方が得られる研究ポイントが高いので研究を急ぐなら前者の方がよいです。ただし、予期せぬイベントが起きることもあり基本的にその原始的文明に嫌われるので仲良しプレイしたいなら消極的調査の方がよいです。

「ふーん、まぁ積極的でいいんじゃない?この派閥の言う事なんか聞きたくないし。好きなだけきゃとりたまえ。」

うーんこの(

「あとこの浄化反対って何?汚いのが好きなの?」

そういうのじゃないです。
浄化はその種族全体を抹殺して絶滅を測る事です。

「え、こわ。」



これStellarisの中でもトップクラスに怖い行動。浄化は特定に志向を選んでいないと選べないのですが許可している場合制圧した惑星に住む異種族を皆殺しにします。当然他国からは反感買います。

「皆殺しにすると何かメリットはあるの?」

普通はないですが選んだ特性によっては食料が得られた利します。

「うわぁ・・・。」

はい(
まぁジェスター帝国はそもそも浄化を許可できない状態にいますし、強制退去もこれは惑星の外に追放して島流しにするような制度です。でも島流しにするくらいなら奴隷として働かせた方が確実に有益です。

「あの派閥の要求を満たすのはちょっと癪だけど少しは幸福度を上げて効率的に働いては貰いたいから一応これは禁止にしておこうか。」

それが無難ですね。
本日はここまで!


戻る