■過去ログ

2021年

1月〜(今ここ)



2020年

10月〜12月

9月

8月

7月

6月

4月〜5月

■備考
三国志13 PK版でのプレイとなります。


最後の更新にジャンプ 


1/2

改めまして新年、あけましておめでとうございます。年も変わった事ですのでこれまでの記事は過去ログへ移しました。過去の内容を確認したい場合は上の過去ログからよろしくお願いします。
さてときなん。曹操が袁紹の兵糧庫を襲撃。袁紹の下した決断は兵糧庫を守りつつ曹操本陣を攻撃するという兵を分散させる愚策であり結果的に兵糧庫も守れず本陣も落とせずという最悪な結果を招きました。
この敗北により河北をかけた二大勢力の戦はほぼ決着がついたといえる状態となり、袁紹勢力は滅びへのカウントダウンを刻むこととなります。



マップ画面から見ても曹操の大軍が袁紹勢力の都市を次から次へと飲み込んでいく様子が見て取れます。

「私のいる蜀と比較しても本当河北は都市の密度が高いよね。こっちなんて画面いっぱいに引いても1都市あるかないかくらいだっていうのに。」

中国大陸は広と言えど結局殆どの都市は大陸全土の右上にあるのでここを抑えた勢力が事実上の1強勢力となります。ゲーム的にはあまりよくないバランスですが仕方ありません(メタ

さて、歴史イベントも終えたので再びジェスター軍勢力のお話に戻ります。
さて、前回ジジィは越なんとかを犠牲にしてまでこちらの本拠点となる永昌まで攻めてきた劉璋を迎撃。そのまま北上して都市部をかっさらう予定だったのですが・・・・。



想像以上に抵抗が激しい状態です。敵も全ての兵力を迎撃に回して必至に防衛を続けています。



肝心の戦いについてはやはり兵力を分散してくるダメな戦い方をしてくるので結局一人ずつ囲んでボッコボコにするという圧勝展開からは変わらず。劉璋は本当に戦いが弱い。

あともう一歩で成都まで攻撃の手が伸びそうだったのですが・・・。



ここにきて東から建寧攻撃の手が伸びていることに気づかずここまでの接近を許してしまいました。慌てて引き返すこれは間に合わないでしょう・・・。建寧は恐らく陥落します。

「はい無能ーー!!」

ジェスターの評価は0か100かで落差が激しすぎる。むしろ敵にダメージを与えつつこちらの被害は殆どない点について褒めてほしい。

一旦体制を整えたい所ですが攻略に時がかかればかかるほど都市数に勝る劉璋勢力の方が兵力増加速度の面で有利であり、そして以前にも述べた通り天下統一を果たせるかどうかは極論、曹操を倒せるか否かにあります。
その曹操は袁紹を打ち倒したことで誰も手が出せない最強勢力へと成りあがりますが唯一弱体化する瞬間がある赤壁の戦いに何とか間に合わせておきたい状態です。故にここで足を止めるわけにはいきません。
なので多少無理を押し通してでも建寧を奪還しつつ更に成都制圧までもくろみます。迎撃/攻撃を同時にこなすというハードワークです。



ジジィを迅速に建寧に向かわせます。その一方でここでもジェスターが気を利かせてくれてジジィからでは命令の出せないルイとキュピルに指示を与えて成都攻略の指示を与えてくれました。
やけにジェスターのAI思考が攻撃的でどうみても負け戦ではあるのだがジジィ到着の時間稼ぎという面ではこれ以上ないくらい活躍してくれています。

「見たかこの名采配」

もう一回言うけど出してる指示そのものは負け戦やぞ。



建寧陥落するかと思いましたがギッリギリのタイミングで間に合いました。あぶねーあぶねー。



そして防衛戦のさなかに袁紹は命を落とします。哀れ袁紹。こうして袁紹は1800年後のゲームに小物役として名を刻む事となるのであった(失礼




1月9日


前回のあらすじ。まだ続いている劉璋vsジェスター軍。建寧を取られそうになったのでジジィを慌てて攻撃から防衛のために引き返したりと兵力不足のせいでどうしても攻撃すると隙をさらけ出してしまう状態。
一応防御にジジィを回せば確実に守れるのだがそうなると攻撃が進まない。この泥沼から早く何とか脱しなければならないのだが・・・。

とにかく攻めるときに必ず反撃が来るので時間稼ぎでもいいから劉璋軍の足止めを誰かがしてくれると助かるのだが今のジジィの階級と兵力ではその足止めを誰かにお願いすることが出来ない。それこそジェスターが自ら意思を汲み取ってくれないと・・・。

「しょうがないなぁ・・・。ここいらで本気出しちゃおっかな〜〜〜。」



「15300の大軍を引き連れてきてやったぞ。」

なにぃいいいーーーー!!?
ジェスターまさかの意思を汲み取り防衛のために本拠地から兵を連れて出陣。これだけの兵力が建寧に留まれば敵も攻撃を躊躇うレベル。
まさかここで意思を汲み取ってくれるとは思っていなく、有能っぷりにちょっと感動した。三国志13のAIに。

「私に感動しろーーーーーーー!!!!」

はい(



ともかく、ジェスターが守りを手伝いにきてくれたので反撃できそうです。右下にある劉璋勢力の都市を奪いにジジィを出陣させます。もうしばらくジジィの部隊は解散させていなく半年近くも戦に走り回ってます。過労死する。

「ん−ーーー・・・・。」

どうしました?



「なんか見てるだけなの暇だし私も攻撃しにいくー。」

ファッ!!!?守れよ!!!!やっぱバカだった。





ジェスターが編に攻撃に加わったせいで劉璋の守りが三倍くらいに膨れ上がる。ジジィとの兵力差も三倍。
ただこれはチャンスとも取れるか?ここで敵を叩いて兵を消費させておけば反撃しづらくなるのも事実。戦いに勝てるかがポイントではあるが・・・。



そこは所詮人間sAIなのでよほど兵力差がなければそこは問題なし。

「身も蓋もね〜〜〜。」

はい(
ただいくら人間が思考力に優れていると言っても



ジジィと離れた所で勝負を仕掛けられると手の打ちようがない。
しかもここで気づいたんだけどキュピルとルイが守ってくれてると思っていたらいつのまにか攻撃に回ってるしルイに至っては兵を解散させたあと、戻ってきた兵をジェスターが連れて進軍していることが発覚。守衛の兵まで連れてってる形でありどうあがいても陥落確定なんですが。

何やってくれてるの!!!!!!!!

「歯向かう気か〜〜〜!!!」

お前が自分の国に歯向かってるんだよ!!!
このグダグダを果たしてジジィとジェスターは治めることが出来るのか?続く!!!!!!(?



戻る