■過去ログ

2020年

8月(今ここ)

7月

6月

4月〜5月

■備考
三国志13 PK版でのプレイとなります。


最後の更新にジャンプ 


8/3

月が変わったので7月分の記事は過去ログに移しました。例の如く前の記事を見たい方がいらっしゃいましたら上の過去ログから辿って下さい。

さてさて、前回のあらすじ。王允の策が功を成し見事呂布を裏切らせて董卓を抹殺することに成功。



これで平穏が訪れると誰もが思いましたが・・・。

「ジェスター軍が窮地に立たされているから平穏じゃないです。」

自分を中心に世界を回っていると思っている発言。
実際の所は董卓残党の逆襲が凄まじく王允は殺され、呂布も都市から脱出しなければならなくなる程手痛いダメージを受けます。
更に董卓が死んだ事で熾烈な後継者争いも生じ権力を巡ったまた泥沼な戦いが始まります。

とはいえ、それはジェスター軍には関係ない事でジェスター軍視点で見れば確実に旧董卓勢力が弱体化したので強豪勢力が一つ倒れ長期的な戦略的優位は取りやすくなった事でしょう。
が。その前に。



この劉璋勢力をどうにかしないとジェスター軍は生き残れません。ちょうどこの時熾烈な戦闘が起きていて辛うじて追い返す事に成功はするのですが防戦一方でまずい状況ですね。

「住民を徴兵してこーい!総力戦だ!!」

住民に直接被害が及ぶ董卓以上の暴政。
ジェスター軍が苦境に立たされている一方、勢力を拡大している所もあります。



曹操にやられていた袁術が張超を打ち下し勢力を拡大。



最後の一都市だった張超は滅亡。



曹操、袁紹も順調に勢力を拡大させ中原の地の勢力図はこのようになっています。三国志大陸の3分の2くらいの人口がここ中原に集っているので見た目以上にここにいる連中らは強いです。
そしてついに袁術の元に身を寄せていた孫策が独立を図ります。



孫策の父、孫堅が董卓討伐連合に参戦していた時に拾った皇帝のみが手にすることのできるこの玉璽を担保に兵を借り入れます。
メンツをとにかく重視する袁術は裏切られるリスクを承知の上でこの玉璽を担保に兵を孫策に貸し与えます。



なんだかジェスターにも見えなくもない袁術。

「メンツはいらぬ。」

欲しいのは金そのものですか。
その後孫策は平然と袁術を裏切り独立します。



孫策が亡き孫堅の跡をついで独立したことで孫家に集まっていた旧友立ちが続々と集結。
曹操にも劣らない強大な勢力が誕生した瞬間でした。



最終的に勢力図はこのようになっています。ちゃっかり袁術が支配していた都市が孫策に奪われた事になっているのは草。

リアル事情のお話になりますが私の予定では8月になる頃にはジジィもジェスター軍に参戦して三国武将たちに立ち向かって激闘を始めている予定だったのですが未だに歴史ストーリーをただただ辿っているだけの状態になっているのでここいらで少しテンポを加速させようと思っています。
今回はここまでにしますが次回からどんどんお話を進めていきます!!が、その前にジェスター軍は果たして生き残れるのか?

「銃を持ってこい!!それで勝てる!!」

時代錯誤も甚だしい。


8/6

「最近歴史シナリオやうちの事の話題が中心だったけど肝心のジジィは今何やってんのさ。」

あぁ、うちのジジィですか?




浮浪者からとんでもない金を巻き上げてたりします。その金額、曹操とか董卓とか君主の年俸12倍。浮浪者がそんな金額持ってる訳ねーだろ!!!

「スゴイ大金だ!!!!!早くうちにきて!!!」

来ても金はやらんぞ。

「こき使ってやるからさっさと来い!!!」

突然の態度の豹変。
そんなジジィに再び転機。



二人目の子供が生まれます。

「お父さん老けすぎでしょ。」

こんな見た目だけど年齢まだ20代っす。



産まれてきた子供はどうやら物凄い高い武力を誇っている模様。成人する日が楽しみです。
ジジィは引き続き自身の能力成長と名品購入するための金稼ぎをしています。当初はそろそろジェスター軍に参加するために行こうと思ったのですが思いのほか耐えてるのでもうちょっとだけ能力を成長させることにしました。あんまり早く行き過ぎてもこの状況を逆転させるだけの活躍が出来ない可能性もあるので・・・。もう少し!!もう少し耐えてくれエースキュピル!!!

だがそんな願いとは裏腹に。



劉璋再び攻撃開始。今度は君主直々にである。あれ?君主のお父さんだっけ?どっちだっけ?劉璋は蜀のやられやくだから印象が薄い。

「ヌアッー!!アースタコラサッサー防衛準備完了!!!」

ネタがマニアック。
しかも一部隊だけではないようです。



二部隊同時にです。もし両都市を失えばこれでジェスター勢力は滅亡です。

「キュピル〜〜〜〜〜!!!!!!」

キュピルにあれほどチートじみた能力持たせたのにも関わらず小粒揃いの劉璋勢力にここまでやられるなんてこのジェスターAIは一体どうなってやがる。
第一都市である本拠地は流石に攻撃地が遠すぎて敵の士気もだだ下がりなので防衛は何とかなりそうである。問題は第二拠点か。こちらも都市と都市が離れているので敵の士気は落ちているのである程度の兵力差なら覆そうではあるが流石に兵力差が離れすぎている。ここで下手な行動を取ると流石にまずいが・・・。

「たまには参考役読んでみるか。おーい、ファン。この場合どう戦えばいい?」

ファン
「10年ぶりくらいに出番貰いましたです。第二都市は放棄するのが上策かと」

「それじゃ天下統一から遠ざかる却下!!はい無能!!!」

ファン
「ヒドイ」

これは無能君主。果たしてジェスター軍はこの圧倒的窮地から立て直せるのか!?まぁ既に前の記事のどこかでクリアするまでやったって言ったから大丈夫だってのはもう周知の事実ですが。でも何回やり直してもジェスター軍いっつもぼこぼこにされてんの本当何なんだろうな。続く!




8/11
前回のあらすじ。執拗に劉璋勢力に攻められ続けるジェスター軍。武将の質は間違いなくジェスター軍の方が上のはずなんだがいまいち活躍できない。多分琶月とか無駄に出撃させてるせい。今捕まってるけど。

「早く助けてーー!!」

「敵に捕まってもらってる間飯代もかからずにすんでいいな。」

酷すぎる。
しかし激闘は続いています。



本拠地である永昌に劉璋勢力が接近してきていますがこれを迎撃すべく野戦に打って出るジェスター。永昌はとにかく南蛮勢力下の本当に端っこの方でこの都市にたどり着くのに何十日もかかるため敵兵士の士気もだだ下がり。兵数では勝っていても士気が下がったために攻防共に低下。ジェスター軍側も都市近い割にやけに士気低いのが気になるけどこれなら兵力差を覆して迎撃成功しそう。



ただ建寧が絶望的。ルイが一人で都市の防衛を行っており、弓兵として守りの硬い都市の防壁から懸命に射ってはいるものの、この兵力差はいかんともしがたい。
もし援軍がこないのであればギリギリ迎撃できるかもしれない・・・。



と、思った矢先に早くも援軍か。到着にはまだ時間がかかりそうだけど立て直す時間はなさそうだ。
ルイの奮闘むなしく・・・



建寧は陥落。兵力があともうちょっとだけあれば迎撃できたかもしれない・・・。

「ぐーーー、まさかルイも無能だったとは。」

全部ジェスターの指揮が悪い。
そうこうしている間に再び本拠地の永昌に劉璋の勢力が攻撃しにきています。



しかし流石のジェスター軍もここからは固い。残った1都市に全ての武将は集まった関係上、部隊指揮能力は格段に向上、攻防共にかなり高い数字を出しているので生半可な攻撃では破られないでしょう。
特にキュピルとルイが同じ舞台に合流したことで夫婦ボーナスが発生しており高いステータスを維持しています。

「あれ!?ルイとキュピル夫婦設定になってる!!!これ設定ミスじゃないの!?」

義兄弟に設定したつもりだったんですけど異性だと夫婦になっちゃうみたいで。一応ジェスターとキュピルも義兄弟にさせたのでもれなくジェスターとキュピルも夫婦です。

「はれんち!!!」

貞操観念が低すぎる。
でもそろそろ流石に合流しにいかないとまずい。次回辺りから合流に向けて急ぐことにします。
が、この激闘の間に三国志世界で重要な出来事が発生しているので次回はその状況変化の共有回ですっ・・!


戻る