Cities Skylines

※後日画像に差し替える予定


■過去ログ

2019年

6月~(今ここ)

5月

4月

3月

2月

1月

2018年

10月  11月  12月


7月   8月   9月


4月   5月   6月



最後の更新にジャンプ


6/4

恐ろしいことにもう6月!!
またいつも通り5月分の記事は過去ログとして移しました。
5月もまた対して進捗がなかったように思える。


「歩道橋で遊ぶから・・・」

自分がやったことじゃないかファビョオオオオオオン
もう一体何やってたのか忘れちゃったじゃないですか。過去記事見返して中央都市とマートルパークを都市作ってくっつけようとしていることを思い出す。




一応形的にはなんとかくっつきました。これでまた送電線を取り壊して経費削減出来る!!



きれいにつながったーーー。いや、ほんとここの送電線網長かったので維持費が結構でかかったんですよね。
これで少しは運用が楽になるか。

「不要なコストを圧縮する。これ経営管理の基本。」

街を大きな会社にしないでくださいね。



中央としに近いのでこの辺は背の高い建物がそれなりに並んでいるが高架路線ではなく地面の上を直接レールが引いてあったりと少しだけ街の外れを感じさせる作り。

「線路に誰でも立ち入れる状態にあるのが気になる・・・。柵は?」

そんなものはない。
引き続きここ周辺を大きくしていきますよ!


6/5

「で、大きくなった?」

そんな一日二日で(ry

「拡大編はもう飽きたんだよね~。早く遊園地作ろうよ。ジェスター遊園地。」

入場料がべらぼうに高そう。
まぁそうですね、そろそろ作ってもいいかもしれませんね。
ただマートルパーク付近を拡張させたことで新たな問題が出てきてしまっています。
懐かしいこの問題です。



はい、渋滞。

「あー、確かに最近渋滞見なかったね。」

街がある程度順調に大きくなっていくと行き先が分散してかえって見なくなったりするのですが、これ完全に帰りですね。
中央都市とかにおでかけしていった連中らが帰ってきているのと工場から配送された商品トラックがこの高速道路を使って詰まっているみたいです。
冷静に考えてみて主幹道路に降りる場所がここしかなく降りる場所を増やして負荷分散してやればちょっとはマシになるんじゃないのかと推察。




というわけで新しい降りる場所を作ってあげました。下りオンリー上りは新しい道路はないです。

「いびつーー!!」

仕方ない。

さーて、改善したかな?




使われてねええええええ!!!
ってかめっちゃ長距離渋滞引き起こしてるうううう。



「はい、死刑!」

毎回罪が重い。
うーむむむ、これはちょっと手こずりそうな予感!!



6/10


さて、残念なお知らせです。


「どしたの。」


メモリがカッツカツでもうこれ以上プレイ続行出来ません。


「はい今すぐ増設!!!!!!!!!!」

夏まで待って(はーと


「は?」

こわE(

まぁ頑張ってもうちょっとだけプレイできそうではあるんですが流石にこれ以上発展すると火が吹きそうな勢いです。
なので新PCを新調するまでの繋ぎとしてStellarisを代わりにプレイしようと思います。

「なんかGAMING日記に新しいの増えてたね。」

「ジェスター様が征くStellarisって。」

様ついてないのに勝手に自分で付け足したぞこの子。
Stellarisの更新準備を今着々と進めておりますので夏くらいまではそれで毎日更新コンテンツとしてしのごうかなっと。

「ちなみにどんなゲームなの?」

CivilizationのSF版と考えて頂ければ。
人類が初めて光より早く航行する技術を会得し星々を跨いだ航行が出来るように。しかし地球を飛び出したら実は人類みたいな知的生命体が銀河中にいっぱいっ。
友好的な異星人もいれば銀河の覇権を狙う異星人もいたり、そういった勢力争いを極力控えて宇宙の謎に集中してみたりいろんなロールプレイが出来るゲームです。
まぁジェスターが絡むのであればやることは一つしかないでしょうけど・・・。

「銀河制服する。」

「異星人を全員奴隷にする。」

知ってた。
Skylineと違って勝ち負けが存在しているゲームで中途半端な予備知識で戦って負けると後味悪いので今一通りプレイしている最中です。
それで一回勝利出来たら二回目はコンテンツ更新するといった具合です。

「ジェスター様に敗北という泥を塗ったらその場で即座に奴隷にするから。」

こいつは一体なんなんだ。
というわけで今日はちょっとこれで更新を終えますがちょくちょくStellarisの情報について載せていきたいと思います。

「世界征服だーいすき。」

昔はこんな子じゃなかった。その片鱗はあったけど。


戻る