Cities Skylines

※後日画像に差し替える予定


■過去ログ

2019年

1月〜(今ここ)


2018年

10月  11月  12月


7月   8月   9月


4月   5月   6月



最後の更新にジャンプ


2019年 1月3日


新年あけましておめでとうございます〜〜〜〜。


「おめでとうございま〜〜す。」

珍しい、ジェスターがちゃんと挨拶している・・・。

「初ジェスター出はおめでたく。」

偶像崇拝は禁止やぞ(唐突のイスラム教

さて、前回まで雇用の数を増やすために工場を拡張させていました。
その施策はもう十分ですのでこの次は従来のエリアの拡大していきます。

「従来のエリアの拡大?」

国際空港エリアとか自然公園周辺の拡充ですね。
せっかく大きな公共交通機関建てているのにその周辺がスカスカで維持費だけがダダ漏れ状態でもったいないので住宅や商業施設を建てて維持費をペイしていきます。中央都市は現状キャパオーバーしそうで今は地方の方でその受け入れ枠を増やして貰う必要がありそうです。
中央都市は特にバスの定員溢れがやばい・・・。地下鉄もちょいちょい満員で乗れない自体が起きているレベル・・・。

「現実のとーきょーっぽくなったね。」

まだマシな方だと思いますがね(謎の半ギレ



というわけでまずは国際空港エリア付近を拡充していきます。
と、いってもこの辺は空港がうるさすぎて何も考えずに住宅を建てると騒音で住人が冗談じゃなく死ぬので基本は観光エリアのときと同じようにホテルや公園でごまかしていきます。
空港前に有料の公園作ってみたけど現実的に考えてうるさい公園に金払ってまで行きたいかって言われると激しく微妙。

空港周辺のホテルは現実的にはかなり需要高いのでそれっぽくするためにホテルの数を増やしていきます。後は憩いの申し訳程度の自然。

「ここの自然では足りない?ではジェスターアイランドが誇る自然公園へどうぞ!」

ただしチケット代は払うこと。
このまま拡張していこうと思ったとき、とあるMODを使って設定していた重要なアラートを検知。



どうやら工場地帯で発生している模様。
むむむ、このマークは・・・。



おっとっと、生産した商品を売りさばく先が見つからない模様。相当レアな苦情。
本来であれば街内の商業施設に優先的に売りさばいていくのですが、どの商業施設も商品いっぱいで新たに受け入れるスペースがないと市街へ輸出するのですがその輸出先もどうやら溢れているご様子。


確かに商品輸出が1000越えしていて輸出入の全てを船に頼っているジェスターアイランドにとって明らかに過剰供給の様子。
雇用を増やそうとして完全に裏目に出たパターンですね。

「じゃー工場減らして商業施設増やす?」

それでもいいんですけどせっかく建てたのをまた壊すのは面倒なのであの条約を解除しておきましょう。



数ヶ月前に少しだけ安全を見なかったことにして商品生産速度を二倍にする条例。これを一時的に無効化しておきます。
一応維持費も減る。

「維持費もへって問題も解決して一石二鳥なのは分かるんだけど強制労働させられないのはなんだかなぁ。」

一体何を目的としているんだこの白い悪魔は。

一旦ここまで!続く!


1月7日

前回工場が過剰生産していたので違法建設を見なかったことにする条例を撤廃。労働者は喜び企業は咽び泣く。

「大丈夫、すぐにきっとまた安全を見なかったことにしてあげるから。」

全然大丈夫じゃないんだよなぁ(半ギレ
さて、その条例を撤廃したことによって



生産量が現象。それによって輸出量が減って売却先がないと文句を言う工場はなくなりました。
副次的効果としてトラックの量も減ったので工場地区の渋滞がだいぶマシになりました。
言ってしまえばこの条例は密度が増えるのでしっかり道路管理していないと結構危険な条例なんですよねぇ。

「でもいずれはONにしてね。」

ジェスター町長は人民を苦しむ事を目的としているのか?誰かお仕置きして。
ジェスター町長がそんな無慈悲で悪魔じみた事しか発信しないから市民も毒されてきてるんですよ。見てくださいよこのゲーム内のツイッター。



ジェスターアイランドのFCが負けたら物凄い毒づいてる市民がいますよ。恥を知れとかイキりすぎ!!

「いや、その市民が正しい!!敗北とは情けない!恥さらしだ!!あー恥ずかしい。」

平和はどこ(




そして時はちょっと飛んで。





細かい所をいろいろ整備した後のジェスターアイランド。人口的には10万5000ちょいとそんなに変わっていませんが問題点を改善させた後なので前より活気づいています。
特に国際空港は利用者が1800越えとだんだんその名に恥じない利用者となってきました。まだ少ないほうだけど。



ちなみに交通機関の収益情報がこちら。

基本的にバスとロープウェイ以外全部赤字。

「はい撤去。」

すぐ撤去したがる。
鉄道と船は仕方ないです。貨物駅とか貨物港はここにカウントされてしまっていてそっちは一切の収益が出ないのでどうあがいてもここが+になることはないです。
が、いくらなんでも鉄道の赤字額が酷い。これ以上赤字が広がらないように利用客数を増やしたほうがよさげ。
後は・・・地下鉄ですね。地下鉄は比較的収益を出しやすい乗り物であるにもかかわらず赤字額が結構響いています。
こっちもキャパシティに余裕があるのにほとんど利用していない箇所がそれなりにあるからです。


で、上から見下ろして分かるのは一番右のマートルパークが寂しいこと。
そういえばここ超でかい駅があるのにほとんど建物ないんだったな。


ここを大きくして利用客数を増やしましょう。

というわけで次回からマートルパーク拡張編に入ります!

「ジェスター遊園地の設置はまだ?」

もうちょっとまって(


1月8日

前回のあらすじ。
上空からジェスターアイランド眺めたらマートルパーク地区が滅茶苦茶寂しい状況だったので拡大させることにした。

「人口増やして鉄道利用者も増やし、売上に貢献せよ。」

交通機関にもキャパシティはあるのですがダダあまり状態はかなりコスパ悪いので今回ばかしは利益改善のためにがんばりましょう。



というわけで、こちらが今のマートルパーク。
サクッと拡大化させていきます。


はい、どん。




「ちょっと大きくなったね。まだまだだけど。」

そうですね。
ちなみにビル乱立させると中央都市より発展しちゃう可能性もあるので小さい家で固めていきます。
とはいえ、駅周辺は現実らしくちょっと大きめのビルで固めて郊外は一軒家といった形に。
道路の配置が少し特殊で一軒家が並んでるエリアから駅へ向かうとかなり遠回りになるので地下道とか作ってスムーズに行けるようにしています。

こんなかんじ。



一軒家側から見た駅周辺。
だいぶ賑やかになった。

「もっともっと拡大しないと。」

まだまだこのエリアの人口が少ないので増やしていきます。

更に発展した形がこちら。
まだまだ拡大させていきますが人口が増えたことによりついに11万へ。
ただこの当たりから立地の影響もあってとある問題が発生。
その問題についてはまたの次回っ・・・。


1月9日

マートルパークを拡張させましたがちょっとした問題点が。



マートルパークにある商店街に商品を運ぶためのトラックが物凄い量になってきました。

「トラックがこんなに走ってるのに道はど田舎・・・・」

この道は裏道用のものなんで速度もでないしキャパシティも全然ないのでこんな調子で運んでこられるとあっという間に大渋滞を引き起こします。



このマートルパークを繋ぐ道路は中央都市から伸びてるあの山道近くの細い道一本だけなんですよ・・・。
これは早急に改善しなければいけません。

「モノレールがついてる道路は?」

確かにそっち経由からでもいけますけどAI的にはあの山道通ったほうが近道みたいです。途中まで高速道路が使えるからでしょうね。
というわけでこのマートルパークにも高速道路を引っ張ってこようと思います。



グググッと伸ばしていきます。

「交通関係の維持費をへらすために街を拡大化させてたのに拡大したことによってまーた維持費が増える。これなんてループ?」

こ、この拡張が住めばしばらく交通関係の拡張はないはず・・・はず・・・・。



とりあえずここまで高速道路を伸ばしました。
この後は海沿いのモノレール尽きの二車線道路に接続して下道に降りずとも高速道路だけでマートルパークへたどり着けるようにします。
高速道路の維持費もそれなりにかかるのでちょっと維持費がまたキツくなりましたが貯金はいっぱいあるのでまだまだ持ちこたえられます。

「こらー!その予算はジェスター様のお小遣いだぞー!」

税金を自分の小遣いと言い切った、早くスキャンダル発覚して惨めな謝罪会見開いて。

「ん・・・?最近調子乗ってる・・・?」

つ、続きはまた明日っ・・・


1月10日

「反省文どうぞ。」

ジェスター様に立て付き大変申し訳ございませんでした。

「上下関係がわかったところで本編どうぞ。」

ちくしょういつか反逆してやる覚えてやがれ

「ん・・・?」

ループする、本編入りましょう。
さて、前回高速道路をマートルパークまで引っ張ったところで終わりました。
ちなみにこの高速道路を引っ張ってきた当たりに新しい公式の建築物がSkylinesに追加されまして。それがこちら。



料金所が新たに追加されました。
待望の施設で今まで料金所って作れなかったんですよね。MODでそれらしいのはあっても飾りで料金が取れるわけではなかった。
しかしこれを使えば料金も徴収できる超素敵な施設!!

「おぉっー。」



見た目はこんな感じ。
下のゲージを操作することで料金をどれくらい徴収するか決められる模様。私の使ってる日本語翻訳MODがちょっと更新されていなくて文字化け起こしてます。
ちなみにデメリットもあって料金所を通る時に減速して一瞬止まるので渋滞を引き起こしやすくなります。
っていうか何も考えずに使うと間違いなく渋滞の元。今の工場地帯に設置したら明らかにデッドロック起こすレベルで渋滞するだろうな・・・。
料金所があることでその道路を使う優先度が下がるかどうかは未調査です。

「なんでもいいから早く料金所設置しようよ。」

いや、今回は設置しないです。

「は?なんで?」

だって、ここだけ料金所設置しても変じゃないですかーーーー!
高速道路に料金所設置するなら全部の出入り口に設置しないと違和感ありあり。
でも今から料金所設置出来るようなスペースも改造も出来ないし高速道路はジェスターアイランドの物流の要なので料金所の設置はなしです。

「がおーーーー。」

ここは損して得取れです。大丈夫です、料金所の使いみちは考えているのでいずれ出番はきます。
それより高速道路の建設を進めましょう。



マートルパークの湾岸を少し工事して出っ張った感じへ。




そんなこんなで高速道路建設完了。今この形はちょっと仮です。
この形のままだとマートルパークから高速道路乗ると必ず中央都市を経由しなければいけない形になっているので・・・。

ともかく高速道路は引き込んだので今度はこの周辺に建物を建てて拡張していきましょう。
続きはまた次回!


1月14日

マートルパークへ引き込んだ高速道路。前回で完成したのですが・・・。
よーーーくみるとちょっと傾斜が急すぎるんですよね。

「だったら壊して直せばいいじゃん。」

「ドカーン」


バッカお前車来てるやんけ!!

「弱者は淘汰される世界・・・。」

強者でも死ぬしかないんだよなぁ。


とりあえずいろいろ頑張ってみたんですけどきつい傾斜を直せそうにないので妥協しました。

結果がこちらです。



傾斜とスピードがやばすぎて車が傾いてる。



トラックが横転寸前なんですけど。




しかも車が浮いてしまうレベルの道。

現実だったらこの時点でハンドルが効かなくなって交通事故待ったなしである。


「これは巷のレーサーに受けるね。」


カーブ曲がり切った瞬間に






減速距離なしに交差点とかいうスピード狂がいたら確実に交通事故起きる所のどこに受ける要素が。


「チキンランレーサーに。」

あぁ、そういう・・。今回は高速道路のスクショで終わっちゃったけど次から一気にマートルパーク再拡張させます。


1月15日

マートルパーク拡大編の続きです。
と、いってもこの拡大編はてっとり早く終わらせる予定ですが。

高速道路を引き込んだ後はサクサクッと地区設定を行って街を更に拡大化させました。
そして今はご覧のとおりです。



「まぁまぁ賑やかな感じになったね。大きなビルも一個あるし」

こう名古屋駅とか小倉駅とかその地域での主要な駅ではあるんだけど東京駅みたいにごった返した感じではないっていうこういう雰囲気いいですね。
上に上げた2つの駅よりまだ田舎な方だとは思いますが。

しかしこのマートルパーク。何気に沿岸沿いで部分部分で非常に高い地価を誇っています。
普通に商店街作ってもいいんですけど格差を強調させるために部分的に富裕層向けの住居を作ります。

「お主も悪よのう。」

ジェスターほどではない。



そうして出来上がったのがこの高層マンション。
マートルパークの駅近くにあったあの大きなビルもこのマンションと比べれば小さく見えてしまう。



そしてゾロゾロと一斉に引っ越ししにくる富裕層達。船で来る関係上どえらい団体行動になる。

「規律ある住民歓迎。」

※規律とはジェスター市長の言うことを聞く住民。



だいたいこんな感じになりました。
まだ高速道路周辺や川辺がまっさらですがこの辺は小さな一軒家を敷き詰めていこうと思います。



ちなみに高速道路のUターン箇所には謎のアパートを設置。
うるさくて多分寝れない。

「これまた格差を感じる。」

「素晴らしい。」

格差が素晴らしいとか言う市長は裁判抜きで極刑を(←もっと酷い



1月16日

引き続きマートルパーク拡張編です。
と、いってもこの拡張自体は地区を設定して建物を増やしていくだけなのでほぼカットです。

「結果見せて。」

とりあえずここまで賑やかになりました。



駅前なんかは見違えるレベルで人の数が増えています。
特にバス停の混雑具合は中央都市程ではないにせよ増便しないと回しきれないレベルです。

反対側。
こうやってみると最初に作った海側の街を思い出しますね。それでも最初の街と比較するとこっちのが建物の高さは低く密度も薄いです。
各町に特色があるほうが都市を眺める時楽しいです。

そして小さな家、ところマンションが立ち並ぶ比較的高さの低い建物が並ぶ住宅街といった感じ。
イメージ的には地価の高い中央都市へ住む事の出来ないサラリーマンたちが地価の安いここマートルパークに居住を持って毎朝駅まで通っては電車にのって出勤していく・・・そんな感じ。

「貧困層は大変だねぇ。」

これのどこが貧困層だ!あんまり舐めたこと言うと吊るし上げるぞ!

「ん・・・反抗・・・?」

()

徐々に住宅街が広がってきてはいるものの、このままだと駅から遠い住宅は車を使いかねないので次はもうちょっとマートルパークの利便性を高めていきます。

「あれ、なんか今日短くない?」

ごめんなさいね、まただんだん現状と更新状況が追いついてきて(ry
今週末は試験もあるのでちょっと更新内容薄めですがご容赦いただきたくっ・・・。



1月17日

少しずつマートルパークから集金していく要素を増やしていきます。

「イェーイ!待ってましたー!」

喜ぶポイントが変。

とにもかくにも住宅街エリアの公共交通が少ないので地下鉄を作っておこうと思います。
なるべく維持費は安く。



まずは超安い地下鉄を設置。

「・・・・・あれ?その大きい駅に地下鉄ついてなかったっけ?」



マジやんけ!!線路ひこうとして気づいた!!


「その地下鉄設置費用は自腹ね。」

破産しちゃう。



とりあえず地下鉄引きました。一駅週当たり300ぐらいいけば黒字だと思います。

「んー・・ちょっとまだ厳しい気がする。バスじゃだめ?」

駅前付近がチョークポイントになっていてあんまりバス増やすと後々渋滞問題引き起こしそうで怖いんですよね。

「ふーん。・・・あれ、電車止まってない?」

ん?

アイヤー、電力不足。

「あれ、おかしくない?左上の電力ゲージはまだまだ電力余ってるみたいだよ。」

左上の電力ゲージはジェスターアイランドで出力している総電力数なので全体で見ると確かに足りているようです。
しかしそれは全ての電力網が全ての街につながっている場合の話で今マートルパークの電力は港近くにある最新風力発電だけで賄っているのでそれでは電力が賄いきれず端で停電を起こしているといった感じですね。

このまま風力発電増やしても維持費が膨れ上がるだけなので次回送電網を整備しましょうか。

「送電網のコストは?」

ふ、風力よりかは安い(小声


戻る